Google XML Sitemaps-XMLサイトマップを送信してインデックスを早める

Google XML Sitemaps-XMLサイトマップを送信してインデックスを早める

GoogleやYahoo!Japan、Bingといった検索エンジンのインデックスを早めるためのWordPressのプラグイン、「Google XML Sitemaps」をご紹介します。

このプラグインはインストールしてちょっと設定を行うだけで効果が出ますので、ぜひやってみてください。




XMLサイトマップとは?

XMLサイトマップとは?

では、そもそもXMLサイトマップとはなんなのか?

それは、サイトのURLXMLという形式で記述したもののことを言います。

XMLについては、今回は触れませんので気になる方は調べてみてください。

このXMLサイトマップ検索エンジンに送信することで、クローラーがサイトの内部を回りやすくなります。

というのも、クローラーはURLをたどって巡回しているからです。そのため、XMLサイトマップがあることでサイトの内部をくまなく巡回できます。

そうすることで、インデックスを早めることができます。

クローラーやインデックスといった検索エンジンの仕組みについては、こちらをご覧ください。

簡単に理解できる検索エンジンの仕組み
SEO対策を行う上で、検索エンジンを理解することは最初に行うべきことです。まずは、対策する前に相手を知ることから始めましょう。検索エンジンの仕組みを簡単に説明します。

Google XML Sitemapsをインストールする

それでは、実際にWordPeressに「Google XML Sitemaps」をインストールしていきます。

まずは、ダッシュボードから「プラグイン」➡「新規追加」を選択してください。

ダッシュボードから新規追加を選択。

すると、「プラグインを追加」という画面に移動します。

右上に検索フォームがありますので、「Google XML Sitemaps」と入力してください。

Google XML Sitemapsと入力。

すると、画像の赤枠のプラグインが表示されますので「今すぐインストール」を押してください。

しばらくすると、「今すぐインストール」のボタンが「有効化」に変わりますので、そちらも押して下さい。

しばらく待てば、インストールの完了です。

Google XML Sitemapsの設定を行う

次に、インストールした「Google XML Sitemaps」の設定を行っていきます。

といっても、簡単なものなので安心してください。

WordPressに「Google XML Sitemaps」をインストールすると、ダッシュボードの「設定」に「XML-Sitemap」という項目が追加されます。

XML-Sitemapを選択。

それを、選択すると設定画面が表示されます。

設定を編集する箇所は、下のほうの「Change Frequencies」と「優先順位の設定 (priority)」のみだけです。

まずは、「Change Frequencies」の設定を変更していきます。

こちらは、予想される更新頻度を設定していきます。

設定を行うことで検索エンジンに更新頻度を伝えることができます。

Change Frequenciesの設定例。

こちらは、ご自身の更新頻度に合わせた設定を行えば大丈夫です。

つぎは、「優先順位の設定 (priority)」の設定です。

こちらは、サイトの他のURLに優先度を設定することができます。SEO対策に不要なページの優先度を下げ、投稿などを上げることで効果を向上させることができます。

優先順位の設定 (priority)の設定例。

0.0~1.0の間で設定することができます。

上の画像は、私の設定例ですのでこちらも好みで設定してください。投稿ホームページの優先度は高くしてください。

設定できたら下のほうにある「設定を更新」を押せば設定は完了です。

これで、あとは何もしなくても勝手にXMLサイトマップを送信してくれるようになります。

まとめ

Google XML Sitemaps」をWordPressにインストールするだけで、検索エンジンにXMLサイトマップを送信してくれます。

使いかとも非常に簡単ですし、効果も期待できます。

まだ、使っていない人はぜひ使ってみてください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク