【XAMPP】ローカル開発環境にWordPressをインストールする方法

【XAMPP】ローカル開発環境にWordPressをインストールする方法

前回は、無料のソフトウェアの「XAMPP」を使用してPHPのローカル開発環境を構築する方法をご紹介しました。

前回の記事はこちらです。

【XAMPP】ローカル開発環境を構築する方法
WordPressなどのPHPで動いているシステムを自身のパソコンで動かすためにはローカル開発環境を構築する必要があります。ローカル開発環境を簡単に構築できる「XAMPP」の使い方をご紹介します。

今回は、構築したローカル開発環境に「WordPress」をインストールする方法をご紹介します。




WordPressをダウンロードする

まずは、インストールする「WordPress」をダウンロードします。

日本語版は以下のリンクからダウンロードすることができます。

日本語版WordPressダウンロード

日本語版WordPressダウンロードトップページ。

トップページに最新版をダウンロードするボタンがありますので、クリックすれば「zip」形式で圧縮されたファイルをダウンロードすることができます。

また、「過去のリリース」をクリックすることで過去のバージョンをダウンロードすることができます。

特にこだわりがなければ最新版にしておきましょう。

ダウンロードが完了したら圧縮されたファイルを解凍してください。

結構大きめのファイルなので少々時間がかかります。

XAMMPにWordPressをインストールする

XAMMPにWordPressをインストールする

では、さきほどダウンロードした「WordPress」を「XAMPP」にインストールしていきます。

先ほど解凍したファイルの中に「WordPress」という名前のファイルが存在して、中にたくさんのファイルがあります。

それを「XAMPP」の「htdocs」という名前のフォルダの配下に配置していきます。

デフォルトでは「C:」にXAMPPがインストールされますので、

C:\xampp\htdocs

こちらに、先ほどの「WordPress」のフォルダを配置してください。

以上で、インストールは終了です。

WordPressのセットアップを行う

WordPressのセットアップを行う

WordPressの起動確認

ファイルを配置したら、実際にXAMPPを起動してWordPressのセットアップを行っていきます。

XAMPPコントロールパネルでApacheとMySQLを起動する

まずは、「XAMPP」を起動させて、「Apache」・「MySQL」の「Start」をクリックしてそれぞれ起動してください。

つぎに、Webブラウザ(Chrome・IEなど)を起動させて、URL入力欄に

http://localhost/wordpress/

または

http://localhost/wordpress/wp-admin/

または

http://localhost/wordpress/wp-admin/setup-config.php/

と入力してください。

(※http://localhost/wordpress/wp-admin/setup-config.phpにリダイレクトされるのでどれでも大丈夫です。)

すると、以下のような画面が表示されるはずです。

WordPressのWelcome画面。

この画面が表示されたら、「XAMPP」に「WordPress」がインストールされている証拠です。

もし、表示されない場合は正しくインストールされていませんのでもう一度手順を確認しなおしてください。

データベースの作成

では、いったんここで「XAMPP」のコントロールパネルに戻ります。

データベースの設定を行っていきます。

といっても簡単なので安心してください。

XAMPPコントロールパネルでMySQLのadminを選択。

まずは、「MySQL」の「Admin」をクリックしてください。

すると、以下のような画面が表示されます。

phpMyAdminトップページの画像。

こちらは、「phpMyAdmin」という「MySQL(データベース)」を操作するためのツール画面です。

こちらで、WordPress用のデータベースを作成していきます。

まずは、左上のほうにある「New」をクリックしてください。

Newボタンをクリックしてください。

データベースの名前」と「照合順序」を設定していきます。

  • データベースの名前 → 任意(WordPressのセットアップ時のデフォルトは「wordpress」なので迷ったらそちらにしましょう。)
  • 照合順序 → utf8_general_ciを選択してください。

入力ができたら「作成」をクリックしてください。

これで、データベースの作成は完了です。

アカウントを作成する

次に、データベースにアクセスするユーザーアカウントを作成していきます。

phpMyAdmin」の画面で「User accounts」を選択してください。

User accountsを選択する。

Add user accountを選択する。 width=

次に「Add user account」をクリックしてください。

Add user account画面の画像。

  • User name → ユーザー名(任意)
  • Host name → ローカル
  • パスワード → パスワード(任意)
  • Re-type → パスワードを再入力
  • グローバル特権 → チェックを入れる

以上を入力できたら、下のほうにある「実行」を押せば完了です。

WordPressにデータベースの情報を入力する

では、先ほど作成したデータベースアカウント情報をWordPressに設定していきます。

WordPressの起動画面に戻りましょう。

さあ、始めしょう!をクリックしてください。

さあ、始めしょう!」をクリックしてください。

データーベース情報を入力してください。

  • データベース名 → 「phpMyAdmin」で作成したデータベースの名前
  • ユーザー名 → 「phpMyAdmin」で作成したアカウント名
  • パスワード →「phpMyAdmin」で作成したアカウントのパスワード

以上を入力したら「送信」をクリックしてください。

インストール実行をクリックしてください。

インストール実行」をクリックしてください。

WordPress情報を入力してください。

  • サイトタイトル → 任意
  • ユーザー名 → 任意
  • パスワード → 任意
  • メールアドレス → メールアドレス

以上を入力してください。

ユーザー名とパスワードは必ず忘れないように控えてください。ログインできなくなります。

入力できたら「WordPressをインストール」をクリックしてください。

WordPressインストール完了画面。

上のような画面が表示されたらインストールの完了です。

WordPressにログインする

WordPressにログインする

では、最後にWordPressにログインします。

WordPressインストール完了画面。

インストール完了画面で「ログイン」をクリックするか、

http://localhost/wordpress/wp-admin/

にアクセスしてください。

WordPressログイン画面。

ログイン画面が表示されますので、WordPressをインストールする際に入力したユーザー名パスワード(データーべースじゃないほう)を入力して「ログイン」を押してください。

WordPressのダッシュボードが表示されたら成功です。

まとめ

XAMPP」で構築したローカル開発環境に「WordPress」をインストールする方法をご紹介しました。

データベースの作成やアカウントの作成は少し難しく感じるかもしれませんが、比較的に簡単にできますので、ぜひやってみてください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク