【XAMPP】ローカル開発環境を構築する方法

スポンサーリンク

【XAMPP】ローカル開発環境を構築する方法

 

WordPressをローカル(ご自身のPC)で動かすためには、ローカル開発環境を構築する必要があります。

そのためには、データベースを含むいくつかのソフトウェアを導入する必要があります。

しかしながら、そのソフトウェアをひとつづつインストールして設定を行うのは少し面倒ですし、パソコンに詳しくない人にとっては難しい作業です。

そこで、それらのソフトウェアのインストール・設定を行ってくれる「XAMPP」という無料のソフトウェアを使用してローカル開発環境を構築する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

XAMPPとは?

XAMPPとは?

 

まず、「XAMPP」について軽く説明しておきます。

XAMPP」とは、PHPの実行環境を簡単に構築することができる無料のソフトウェアです。

実行環境を構築するには、いくつかのソフトウェアをインストール・設定を行わなければいけませんが、XAMPPはそれらを一括で行ってくれます。

XAMPPに含まれるソフトウェアは以下の通りです。

  • PHP → PHPインタープリタ
  • Apache → Webサーバ
  • MySQL → データベース管理システム
  • phpMyAdmin → MySQLをWebブラウザ上で管理するツール

これらをインストールしPHPの実行環境を作成してくれます。

 

さらに、WordPressPHPによって動作しているのでXAMPPで構築した環境で動かすこともできます。

もちろんPHPも動きます。

XAMPPのインストール・ダウンロード

XAMPPのインストール・ダウンロード

 

では、さっそく「XAMPP」を導入していきます。

ダウンロードは以下から行ってください。

「XAMPP」ダウンロード

 

Windows版」・「Linux版」・「OS X版(Mac)」が存在しますので、お使いのPCにあったものをダウンロードしてください。

また、最新版ではすでにPHP7系が使用されているため5系を使用したい場合は以前のバージョンをダウンロードしてください。

よくわからない場合は、とりあえず最新版で大丈夫です。

 

ダウンロードが完了したら、ダウンロードしたファイルを開いてください。

Yesをクリックしてください。

 

Yes」をクリックしてください。

OKをクリックしてください。

 

OK」をクリックしてください。

Nextをクリックしてください。

 

Next」をクリックしてください。

Nextをクリックしてください。

 

Next」をクリックしてください。

インストールしたくないソフトウェアがある場合はチェックを外してください。

デフォルトのままでも問題ありません。

インストールするフォルダを選択し、Nextをクリックしてください。

 

インストールする場所を選択します。

デフォルトでは「C:」配下になりますので、そのままでも大丈夫です。

場所を選択したら「Next」をクリックしてください。

チェックを外してNextをクリックしてください。

 

Bitnami」をインストールするか聞かれます。

今回は使用しませんのでチェックを外してください。「Bitnami」を使用したい方はチェックを入れたままにしてください。

Next」をクリックしてください。

Nextをクリックしてください。

 

Next」をクリックしてください。

Finishをクリックしてください。

 

Finish」をクリックしてください。

Saveをクリックしてください。

 

言語設定を行います。

選択したら「Save」をクリックしてください。

XAMPP管理画面の画像。

 

上のような管理画面が表示がされればインストールは完了です。

XAMPPを起動する

XAMPPを起動する

 

では、実際に「XAMPP」を起動してみます。

先ほどの管理画面で起動を行えます。

ApacheとMySQLのStartをクリックしてください。

 

Apache」・「MySQL」の項目の「Start」をクリックしてください。

ApacheとMySQLが緑になります。

 

Apache」・「MySQL」がそれぞれ緑に変化すれば起動完了です。

すでに、Apacheを一度入れている方はうまく起動しない場合があります。

そちらの対処方法は、また別記事にまとめようと思います。

 

次に、起動しているか確認していきます。

Webブラウザ(ChromeとかIEとか)を開いて、URL入力欄に

http://localhost/ または http://localhost/dashboard/

と入力してください。

XAMPPのWelcaome画面の画像。

 

このような画面が表示されれば起動は成功しています。

XAMPPを停止する

 

停止方法は、起動方法とほぼ同じです。

Apache」・「MySQL」で押した「Start」が「Stop」に変化していますので、それぞれを押せば停止します。

まとめ

 

以上、「XAMPP」を利用したローカル開発環境の構築の方法をご紹介しました。

無料かつとても簡単に構築することができます。

ローカル開発環境を構築する場合は、「XAMPP」を利用してみてください。

 

XAMMPにWordPressをインストールする方法は、記事作成中なので少々お待ちください。

公開しました!

【XAMPP】ローカル開発環境にWordPressをインストールする方法
前回は、無料のソフトウェアの「XAMPP」を使用してPHPのローカル開発環境を構築する方法をご紹介しました。 前回の記事はこちらです。 今回は、構築したローカル開発環境に「WordPress」をイ...

コメント