ブログの記事の文字数は?いったい何文字以上書けばいいのか

スポンサーリンク

ブログの記事の文字数は?いったい何文字以上書けばいいのか

ブログを運営し始めたばかりの場合は、1記事の文字数はどれくらいがいいのだろう。何文字以上書けばいいのだろうと思うことはあると思います。

結果から言いますと、書く内容によって文字数は全然違ってきますし、絶対に何文字以上書かなければ集客できないということはありません。

しかしながら、慣れという点で考えると1500文字以上を目安に書くことをお勧めします。

スポンサーリンク

文字数に決まりはない

文字数に決まりはない

冒頭でも書いた通り、1記事当たりの文字数に何文字以上といった制限はありません。

というのも、書く内容によって必然的に文字数が多くなるような記事もありますし、反対に文字数を増やしすぎることでユーザーの意図と反する内容になってしまい、まったく集客できないなんてこともあります。

文字数が多いと良い場合

たとえば…

IT系などの場合は、何か説明を行うことがほとんどですし、プログラミングのコードを載せていれば文字数はとても多くなります。

こういった場合は、より詳しい説明をすることによってユーザーからも検索エンジンからも評価を得ることができます。

そのため、できる限り多くの文字数を稼いだほうがいいです。その際の基準は、何文字といった決まりはなく、すでに似たような記事を書いているサイトの調査を行い、より詳しい内容の記事を作りましょう。

しかしながら、ただやみくもに文字数を稼ごうとしても記事がとても読みにくいものとなってしまいます。

そうならないために、無理に文字数を増やそうとするのはやめましょう。

丁寧な説明を行えば、そんな無駄な努力をしなくてもおのずと文字数は増えているはずです。

文字数が多いと悪い場合

反対に、文字数が多いことで運営するブログに悪影響をあたえる場合があります。

代表的なものが『電話番号』・『住所』などの情報をユーザーに知らせる記事の場合です。

特に、電話番号の場合は、サイトに訪れるユーザーの多くが即座に電話番号のみを知りたいだけです。それなのに、記事にだらだらと電話番号の先の説明うんちくなどを書いても邪魔なだけですし誰も見てくれません。

もし、説明などを入れる場合は別の記事にまとめて電話番号を載せているページから訪問できるようにしたりするなどの工夫を行うといいでしょう。もちろん、説明のページから電話番号のページに移動できるようにもします。

このように、必ずしも文字数が多いと良いというわけではありません。

結局、文字数はどうすればいいのか

結局、文字数はどうすればいいのか

文字数が多いほうが良い場合多いほうが悪影響を与える場合をご紹介しました。

では、結局文字数はどうすればいいのか?

それは、先ほども書きました他サイトの調査、『競合調査』を行い、競合するサイトより詳しい記事を書くだけでよいのです。

競合調査

では、『競合調査』の行い方ですが、書こうとしている記事のキーワードググれば大丈夫です。

そのあとに、表示された最初の10件(1ページ)の調査を行いましょう。なぜ、最初の10件の調査を行うのかは、その10件以内を目指さなければいけないからです。

10件を超えてしまうとほとんどクリックされません。

他サイト文字数のカウントは、Wordなどに貼り付ければ簡単に文字数が見れますし、

【文字数カウント】

【文字数カウント】

上記のような文字数をカウントしてくれる無料ツールも存在します。

使い方は、いたって簡単で、他サイトの記事をコピーして枠内に貼り付けて『文字数を数える』ボタンを押せばいいだけです。

個人的な目安

それでも、何でもいいから文字数の目安が欲しい!!

という場合は、1500文字以上書くことをお勧めします。

あくまで、目安なので1500文字以上書けば順位が上がるとは限りませんのでご注意ください。

では、なぜ1500文字以上がいいのか、それは慣れるためです。

私は、ブログを始めたばかりの時は1000文字を書くのもすごく大変でした。

しかしながら、1500文字以上を目安に書き続けているうちに、1500文字なんて余裕で書くことができるようになっていました。

文字数が多い記事だと6000文字近い記事も書いています。

このように、普段から目安を決めておくことで長文を書く際にすらすらと書けるようになっています。

ただ、注意してほしいことは、目安を決めたからといって必ず目安を越えなければいけないと思わないようにしてください。

文字数が多いと悪い場合で説明した通り、記事にあった文字数で書くようにしましょう。

まとめ

一概に文字数が多ければ多いほどいいとは言えません。

記事の内容にあった文字数で書くようにしましょう。そのためには、競合調査が大切です。

他のサイトより詳しく有益な情報をユーザーに提供することで、おのずと評価されていきます。

それでも、目安がほしいという場合は1500文字以上をお勧めします。毎回、1500文字以上の記事を書くことで長文もすらすらかけるようになります。

コメント