【vagrant】vagrant upで何も表示されず進まない現象の対処法

【vagrant】vagrant upで何も表示されず進まない現象の対処法

ローカル開発環境を構築する際に、「vagrant」と「VirtualBox」を利用して構築する方法があります。

vagrantを使用することで、IPアドレスの設定やユーザー設定などを自動で行ってくれますので、とても簡単にローカル開発環境を構築することができます。

しかしながら、先日新しく環境を構築しようとしたところ、vagrant up」のコマンドをたたくと、コマンドラインに何も出力されずに進まないという現象に陥りはまってしまいました。

今回はその現象の原因と対処方法をご紹介いたします。




詳しい事象

まずは、詳しい事象を説明します。

vagrant」の使用方法として、

vagrant init box名

Vagrantfileの編集

vagrant up

というような手順で操作していきます。

しかしながら、今回「vagrant up」のコマンドを打つと何も表示されずに一向にゲストOSをVirtualBoxにインストールしてくれませんでした。

vagrant upから一向に進まない。

↑この状態から一向に進まない

vagrant upから進まない原因

vagrant upから進まない原因

vagrant up」から進まない原因は、vagrantにありました。

決して操作ミスなどではなく、バージョンが「1.9.7」の場合(2017/08/11時点で最新版)のvagrantを使用した場合、特定のホストOS(お使いのPCのOS … windows10とかMacとか)で使用すると発生してしまうようです。

特定のホストOSとは、現状では「windows7」のみ確認しています。

Mac」では、再現性なしということで問題なく使えるそうです。

windows7は、現在でもおおくのユーザーが使用していますし、vagrantのしかも最新版が使えないとなると相当数のユーザーがハマってしまいますね。

対処方法

対処方法

対処方法としては、2通り存在します。

まずは、ホストOSを変更すること。

しかしながら、手間もお金もかかってしまうのでお勧めはしません。

二つ目はvagrantの以前のバージョンを使用することです。

これが一番手っ取り早いですね。

1.9.7」のみがだめなのでそれ以外のバージョンを使用してください。

1.9.6」で試してみましたが、問題なくローカル開発環境を構築することができました。

vagrantの過去バージョンはこちらから

vagrant過去バージョンダウンロード

まとめ

vagrant」+「VirtualBox」でローカル開発環境を構築する際に、windows7」+「vagrant1.9.7だとvagrant upをしても何も表示されず、進まない現象の原因と対処法をご紹介しました。

vagrant1.9.7」は現状(2017/08/11)の最新版なので注意しましょう。

もし、同じような現象に陥った場合は「vagrant1.9.6」を使用すれば間違いなく解決しますので試してみて下さい。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク