ユーザーを追加する方法と利用できる機能一覧【WordPress】

ユーザーを追加する方法と利用できる機能一覧【WordPress】

WordPressをインストール際に「管理者」ユーザーを必ず一人作りますが、後から複数のユーザーを追加することができます。

複数人でサイトの管理を行う場合や、ダッシュボードにアクセスする環境によってユーザーを使い分けるといった際に便利です。

ユーザーには、5つの「権限グループ」が存在します。

権限によって使用できる機能が違いますので、ユーザーを新しく追加する際には、使用できる機能を把握しておきましょう。




ユーザーの種類

ユーザーの種類

冒頭でも述べたように、ユーザーには5つの種類が存在します。

  • 管理者
  • 編集者
  • 投稿者
  • 寄稿者
  • 購読者

の5つです。

上にいくほど多くの機能を利用することができます。

WordPressをインストールする際に作成するユーザーは「管理者」にあたり、すべての機能を利用することができます

ユーザーの種類別の利用できる機能一覧

ユーザーの種類ごとに利用できる機能は、以下の通りです。

 管理者編集者投稿者寄稿者購読者
プロフィール編集○(全ユーザー)
ダッシュボード閲覧
投稿一覧の閲覧×
投稿の新規追加×
投稿の公開××
他者の投稿の編集×××
投稿のカテゴリー編集×××
投稿のタグ編集×××
コメントの閲覧×
他者投稿記事への
コメントの承認
×××
ツール△(一部のみ)△(一部のみ)××
メディアの追加××
他者のメディアの削除×××
固定ページ×××
リンク×××
外観××××
プラグイン××××
設定××××

管理者

すべての機能が利用できます。

言ってしまえば、簡単にサイトを壊してしまうことができるユーザーです。

管理者」権限を持つユーザーはできる限り少なく済むようにしましょう。

編集者

外観(テーマ)」「プラグイン」「設定」といった、サイトのデザイン・機能にかかわるものは利用することができません。

記事に関することは、ほぼすべての機能が利用できます。

投稿者

投稿の新規追加・公開」が利用できます。

メディア、コメントといった部分は、自身が作成・追加した物のみ編集や削除が可能です。

固定ページ」は利用できません。

投稿者は他者が作成・追加したものはさわることができない

寄稿者

ほぼ、「投稿の新規追加」のみしかできません。

記事の「公開」もできませんので、管理者か編集者に公開してもらう必要があります

また、メディアを利用できませんので、投稿内に画像を挿入することもできません。

寄稿者は画像を使用できない

購読者

ダッシュボード」が見れるのみです。

正直、何のためにあるのかわからないユーザーです。

ユーザーを追加する方法

ユーザーを追加する方法

新規追加を選択してください

ダッシュボードから「ユーザー」→「新規追加」を選択してください。

新規ユーザーを追加

新規ユーザーを追加」というページが表示されますので、

  • ユーザー名(必須)
  • メールアドレス(必須)
  • ウェブサイト

を入力してください。

パスワードを表示を選択してください。

パスワードを表示」を選択してください。

パスワードを入力してください。

パスワードを入力する欄が表示されますので、パスワードを入力してください。

脆弱なパスワードは、セキュリティ上よろしくないので避けましょう。

権限グループを選択し、新規ユーザーを追加ボタンを選択してください。

権限グループ」を選択し、「新規ユーザーを追加」ボタンを選択してください。

以上で、ユーザーを追加することができます。

まとめ

複数人でサイトを運営していく場合は、同じユーザーでログインするのではなく

ユーザーにあった権限をもたせ、ユーザー毎にログインする

ようにしましょう。

そのためには、ユーザーの種類ごとにどのような機能が利用できるのかを、しっかりと把握しておきましょう

特に大人数で運営している場合は、サイトを改変されかねないので注意しましょう

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク