目次を超簡単に作成するプラグイン、Table of Contents Plus

目次を超簡単に作成するプラグイン、Table of Contents Plus

ブログを見ているとよく最初のほうに『目次』があるものを見ると思います。
HTMLやCSSで作るのもいいんですが、慣れてない人はなかなか大変です。
そんな煩わしい作業を、最初に少し設定するだけで超簡単にする『Table of Contents Plus』をご紹介します。




Table of Contents Plusをインストールしよう

インストールは他のプラグインと同じ方法になりますので、ダッシュボードからプラグインの新規追加を選択し、右上の『プラグインの検索』に『Table of Contents Plus』を入力してください。

すると一番初めに出てくると思いますので、インストール、有効化をしてください。

Table of Contents Plusのインストールの仕方を説明する画像

これだけで、固定ページには『目次』が入りますが、デフォルトでは投稿には反映されないようになっているので、投稿にも目次が生成されるように設定していきます。

Table of Contents Plusの設定

Table of Contents Plusの設定

設定もほかのプラグインと同じようにダッシュボードから行います。

が、ダッシュボードから設定を押しても『Table of Contents Plus』というのはありませんので注意してください。

入れているプラグインが少ない方は気づくかもしれませんが、『TOC+』と省略されて表記されます。

それでは、『TOC+』を選択していただいて以下のような設定画面を開いてください。

Table of Contents Plusの設定画面の画像

デフォルトでは、画像のような設定になっていますので少し変更していきます。

表示条件』は、そのままですが、文に見出しが特定の数あるとき以上に目次を作成するように設定できます。
デフォルトでは4になっていますが、あまり長くない記事などを書くことが多い方は少なく設定していいと思います。

ちなみに、2だと少なすぎて目次を作る意味もあまりないので、私は3に設定しています。

以下のコンテンツタイプを自動挿入』は、目次を生成するページのタイプを設定します。
ここで『post』にチェックを入れることで、投稿に目次が入りますのでチェックを入れてください。

見出しテキスト』は、生成される目次のタイトルにです。

目次のタイトルテキストを説明する画像

ここは、目次なり、もくじなり、Contentsなりお好きに設定してください。

ここまで設定できたら下のほうにある『上級者向け』の表示リンクを押してください。
するとさらに細かい設定が出てきます。

Table of Contents Plusの上級者向け設定画面の画像

いろいろと難しそうな項目が出てきますが、設定するのは一か所だけです。

見出しレベル』のチェックを外していきます。
デフォルトでは、すべての項目にチェックが入っていますので、h1は必ず外しあとはお好みで設定してください。

HTMLがわからない方は、お好みといわれてもわからないと思います。

設定にある、h1~h6』は見出しをマーキングするタグです。
数字が小さいほうが大見出し、大きいほうが小見出しです。

ここで『h1』のチェックを外すのはSEO的にタイトルがh1になるので目次には入れないでおきましょう。

他のh2~h6は、あまり多くチェックを入れておくと目次がひたすらに多くなっていくので、見づらくなってしまいます。

お勧めの設定は、h2とh3のみチェックを入れておくことです。

もし、目次に『まとめ』を表示させたくないのであれば、『除外する見出し』に『まとめ』と入力するとまとめだけ反映されないようにできます。

以上で、設定は終わりです。

他にも、目次のデザインを選択することができたり、特定のURLのページのみ目次を生成するようにもできますので、好みに合わせていじってみてください。

設定が完了したら、最下部の『設定を更新』を押せば完成です。

これから、投稿する記事やすでに投稿した記事にも目次が生成されていますので確かめてみてください。

まとめ

目次を作ることで、見てくれるユーザーにとって使いやすいブログを作れますし、デザイン的にもとてもブログらしくなります。

Table of Contents Plus』を使えば、少し設定をするだけで手間をかけることなく超簡単に目次を生成することができます。

ぜひ使ってみてください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク