サイトマップを簡単に作成するプラグイン2選

サイトマップを簡単に作成するプラグイン2選

WordPressでサイトマップを作成する方法をご紹介します。

サイトマップを作成することで、訪問してくれたユーザーにとって使いやすいサイトにすることができます。

また、Googleアドセンスの審査にも関係していて、サイトマップを作成していたほうが良いといわれています。実際のところは、審査基準はGoogleしかわかりませんので何とも言えませんが、作らないよりは作ったほうが良いことは確かです。

今回は、そのサイトマップをプラグインで簡単に作る方法を2つ紹介します。




サイトマップとは?

サイトマップとは?

そもそも、サイトマップとは。

その名前の通り、サイトの地図のことです。

固定記事やカテゴリといったページのリンクを集めたページを作ります。

サイトを作り始めのころは、コンテンツの数が多くないのでサイトマップがなくても困りませんが、コンテンツが多くなってくると、どこにどのようなコンテンツがあるのかがわからなくなります。

それを防ぐために、サイトの構造が一目でわかるサイトマップを作成します。

作成するサイトマップ

今回、作成するサイトマップはこのような感じです。

作成するサイトマップ例

デザインについては、CSSの知識が必要になってきますので今回は触れません。

とりあえずのサイトマップを作る方法です。

当サイトの場合は、PHPというプログラミング言語をを使用して作っていますが、機能・見た目の同じものをプラグインで作成します。

というのも、PHPで作るのは少々大変な作業なのでプラグインでささっと作成します。

PS Auto Sitemap

サイトマップを作成できるプラグイン1つ目は「PS Auto Sitemap」です。

WordPressでサイトマップを作成するプラグインといったら、まずこのプラグインが上がると思います。

PS Auto Sitemapをインストールする

まずは、WordPressに「PS Auto Sitemap」をインストールしていきます。

ダッシュボードから「プラグイン」➡「新規追加」を選択してください。

ダッシュボードからプラグイン→新規追加を選択。

すると、「プラグインの追加」というページに移動します。

そのページの右上のほうに検索フォームがありますので、そこに「PS Auto Sitemap」と入力してください。

検索フォームにPS Auto Sitemapと入力。

すると、上記画像の赤枠のプラグインが表示されますので、「今すぐインストール」を押してください。

しばらくすると、ボタンが「有効化」に変わりますので、押してください。

少し待つと、インストールの完了です。

サイトマップの作り方

それでは、「PS Auto Sitemap」でサイトマップを作成していきます。

ダッシュボードから「設定」➡「PS Auto Sitemap」が追加されていますので、選択してください。

ダッシュボードから設定→PS Auto Sitemapを選択。

すると、設定画面が表示されますので最下部までスクロールしてください。

PS Auto Sitemapの使い方の画像。

上記のような画面が表示されますので、赤枠のコードをコピーしてください。

次に、ダッシュボードから「固定ページ」➡「新規追加」を選択してください。

ダッシュボードから固定ページ→新規追加を選択。

赤枠の個所をクリックしてテキストモードに変更し、先ほどコピーしたコードを貼り付けてください。

貼り付けたら、「プレビュー」を押してください。この時は、まだサイトマップは作成されていません。

プレビューを押して表示されたページのURL

独自ドメイン/?page_id=XX&preview=true

XXの数字を覚えておきましょう。

そうしたら、新規固定ページの追加画面に戻り、「公開」ボタンを押してページを公開します。

公開が完了したら、「PS Auto Sitemap」の設定画面をもう一度開きます。

PS Auto Sitemap設定画面。

赤枠の個所に先ほどの数字を入力して「変更を保存」を押せば完了です。

サイトマップが作成されているかページを確認してください。

Table of Contents Plus

サイトマップを作成するプラグイン2つ目は「Table of Contents Plus」です。

こちらは、当サイトでも一度ご紹介しているプラグインですが、目次を簡単に作成できるプラグインです。

目次のだけでなくサイトマップも簡単に作成することができます。

インストール方法と目次作成方法はい、こちらをご覧ください。

目次を超簡単に作成するプラグイン、Table of Contents Plus
WordPressの記事に勝手に目次を生成してくれるプラグイン『Table of Contents Plus』の使い方を紹介します。手動で目次を作るより、とても簡単に作ることができます。

サイトマップの作り方

それでは、「Table of Contents Plus」でサイトマップを作成していきます。

といっても作り方は超簡単です。

というのも、このプラグインをインストールすると、sitemapというショートコードが利用できるようになります。

ですので、固定ページを作成する際に、本文にsitemapと入力して(※[ここに入力]、『』カッコもいります)、公開するだけでサイトマップが作成できます。

まとめ

今回は、サイトマップを簡単に作成することができるプラグインを2つご紹介しました。

WordPressでサイトマップを作成するプラグインといえば「PS Auto Sitemap」が有名ですが、Table of Contents Plus」のほうがめんどくさい設定も不要ですし、目次を作成する機能も付いています。

個人的には、「Table of Contents Plus」がお勧めですが、好きなほうでいいと思います。

プラグインを使用して簡単にサイトマップを作成しましょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク