そのサイト遅くない?サイトスピードを計る方法

スポンサーリンク

そのサイト遅くない?サイトスピードを計る方法

 

サイトスピード」とは、その名の通りサイトの速度のことです。

今回は、サイトスピードを計る方法を2つご紹介します。

スポンサーリンク

サイトスピードが遅い場合に与える影響

サイトスピードが遅い場合に与える影響

 

サイトスピード」は遅くなることで、サイトにいろいろな悪影響を与えます。

常に、速度が遅くないかを確認することを確認するようにしましょう。

サーバに負荷がかかる

 

サイトスピード」が遅い原因はたくさん考えられますが、「HTML・CSS・JavaScript」などのコードを記述したファイルや「画像・動画」などのファイルが要因で遅くなることが考えられます。

そうすると、大容量のファイルを読み込もうとしてサーバに負荷がかかってしまいます。

ユーザーの離脱率につながる

 

ページ速度が遅くなるとユーザーの離脱率が極端に高くなる場合があります。

ページを表示するのに「3秒以上」かかってしまった場合、「40%以上」のユーザーが離脱してしまうというデータもあります。

 

離脱率が高まるということは、必然的にコンバージョン率も下がり売り上げに大きな影響を与えます。

SEO、検索順位が悪くなる可能性がある

 

Googleは、検索順位を決定する検索アルゴリズムの中にサイトスピードも一つの要因として含まれると公表しています。

そのため、サイトスピードが遅いと検索順位が下がってしまう可能性があります。

サイトスピードを測定できるサイト

サイトスピードを測定できるサイト

 

サイトスピード」測定できるサイトです。

PageSpeed Insights

 

言わずとも知れた、Googleがサービスを提供しているサイトスピードを測定できるサイトです。

現在のサイトスピードのみを測定してくれますので、過去のサイトスピードは見ることはできません。

そのかわり、現在の「適用可能な最適化」・「適用済みの最適化」がわかります。

 

PageSpeed Insights

PageSpeed Insights

PageSpeed Insightsの使い方

 

1.PageSpeed Insights」にアクセスする

PageSpeed Insights」にアクセスしてください。

 

2. URLを入力する

 

ウェブページのURLを入力にURLを入力

アクセスすると上の画像のようなページが表示されますので、「ウェブページのURLを入力」の欄にサイトスピードを測定したいサイトのURLを入力してください。

 

入力したら右側にある「分析」ボタンを押してください。

 

3. しばらく待ちます

 

サイトスピード測定中画面

環境によっては数分ほどかかる場合がありますので、ページが切り替わるまで待ちましょう。

 

4. 結果が表示される

 

モバイル版のサイトスピードの結果

パソコン版のサイトスピードの結果

ページが切り替わると測定の結果が表示されます。

 

モバイル」・「パソコン」それぞれの結果が表示されます。

それぞれに対しての「適用可能な最適化」・「適用済みの最適化」が表示されます。

サイトスピードが遅かった場合は「適用可能な最適化」を参考にサイトスピード上昇を目指してください。

 

Test My Site

 

Googleが新しくサービス発表したモバイルサイト」の速度を測定できるサービスです。

標準接続(3G)の環境でのスピードを測定してくれます。

こちらのサイトも現在の状態しか確認できませんが、無料レポート」を取得することができます。

 

Test My Site

Test My Site

Test My Siteの使い方

 

1.Test My Site」にアクセスする。

Test My Site」にアクセスしてください。

 

2.測定したい「モバイルサイトのURL」を入力する

 

URLを入力してサイトの速度をテストにURLを入力

URLを入力してサイトの速度をテスト」の欄に「測定したいモバイルサイトのURL」を入力してください。

 

入力したら、Enterキーもしくは、画面の「」ボタンをクリックしてください。

 

3. しばらく待つ

 

サイトスピード測定中画面

測定が始まりますので終了するまで待ちましょう。

「PageSpeed Insights」に比べると少々時間がかかります。

 

4. 結果が表示される

 

サイトスピード結果画面

しばらくすると、ページが切り替わり結果が表示されます。

 

読み込み時間」・「訪問者の推定離脱率」が表示されます。

訪問者の推定離脱率」は「低い・良好・普通・要改善」で評価されます。

普通・要改善」の場合は、サイトスピードの向上を目指しましょう。

また、「無料レポート」を指定したメールアドレスに送信することができます。約1時間程度で送信されます。

サイトスピードの向上に役立てましょう。

 

同じ業界内の比較

右下の「」ボタンを押すことで、「同じ業界内の比較」を見ることができます。

まとめ

 

サイトスピード」を早くすることによって、検索順位を高める要因になるだけでなく、サーバ負荷を軽減したり、ユーザーの離脱を抑止することができます。

PageSpeed Insights」・「Test My Site」のようなサイトスピードを測定できるサービスを利用してサイトスピード向上を目指しましょう。

 

サイトスピードを速くする方法はこちらをご覧ください。

簡単操作でサイトをスピードアップする方法 -WP Fastest Cache-
「サイトスピード」は、サイトを運営していくうえでとても大事なことです。 ページが表示されるのが遅いだけで内容を見ずに帰ってしまうユーザーもいます。 ページを表示するのが3秒以上かかってしまうと約70%以上のユーザ...

 

コメント