SEOとは?SEOの目的

スポンサーリンク

SEOとは?SEOの目的

アフィリエイトをやっているのであれば、SEOという言葉を一度は必ず聞いたことがあると思います。たとえ知らないとしても知らず知らずにSEO対策を実施していることでしょう。

それくらい、SEOはアフィリエイトにとって必要不可欠のものです。

では、SEOとはいったい何なのか?

それは、検索エンジンで検索をしたときに表示される順位を上げるために、コンテンツを最適化することです。

スポンサーリンク

SEOとは?

SEOとは?

SEOとは、”Search Engine Optimization”の略で、検索エンジン最適化を意味します。

検索エンジンとは、だれもがよく使っているGoogleYahoo!のことを指します。特に、日本では、Google・Yahoo!・Bing!の三つが主に使われています。

最適化とは、そのままの意味で最適な状態にすることを指します。最適化を図ることで、検索の順位を上げることができるのです。

つまり、コンテンツを検索エンジンにあった最適な状態にすることで、検索順位を上げることをSEOといいます。

SEOの目的

では、なぜこのSEOを行ってまで検索順位を上げたがるのか?

それは、順位によってクリック率が全然違うためです。もちろんクリック率が良ければよいほどたくさんのユーザーがサイトに訪れてくれることになりますので、売り上げに大きな影響を与えます。

Googleなどの検索エンジンは、広告枠を除いて1ページに10件の検索結果を表示しますが、順位が1位のページのクリック率が約20%前後に対して、10位になると約1~2%ほどになってしまいます。10位以降になるとほぼクリックされないと思ってもいいでしょう。

そのため、どうにかして10位以内に入り込み、クリック率を上げなければいけません。

順位はお金では買えない

検索の順位はお金では買えません。SEO会社はノウハウやツールを売ったりコンサルティングをしてくれるだけです。

もし、検索順位がお金で買えてしまうとなんの単語で検索しても利率のいいアダルトサイトや詐欺サイトといったものばかりが出てきてしまうでしょう。

検索エンジンは商品なので、あくまでGoogleも商売としてやっています。そのため、ユーザーに対して有益なものでなくなっしまい、ユーザーが離れてしまうのを嫌います。

なので、けっして検索順位はお金で買えないのです。

SEO対策=Google対策?

SEO対策というと、Googleの対策を指すことが多いです。

では、さきほど日本ではGoogle・Yahoo!・Bing!の三つが主に使われていると話しましたが、Yahoo!とBing!の対策はしなくてよいのか?

現在はしなくていいです!

というのも、全体の使用率は大まかに以下のようになっています。

  • Google … 約60~70%
  • Yahoo! … 約30~40%
  • Bing! … 約6%

といった割合になっています。

さらに、Yahoo!はGoogleの検索エンジンを流用していますので、中身は同じです。

ですので、Googleの対策だけしておけばよいのです。

しかしながら、なぜ現在はなのかといいますと、世界的なシェアでいうとBing!2位になっています。

近い未来、Bing!の対策をしなければいけない時が来るかもしれません。

ホワイトハットSEOとブラックハットSEO

ホワイトハットSEOとブラックハットSEO

SEOは、おおきく分けてホワイトハットSEOブラックハットSEOの二つに分けることができます。どちらも検索順位を上げる対策なのですが、大きな違いとしてその方法があげられます。

ホワイトハットSEOとは

ホワイトハットSEOとは、検索エンジンのガイドラインに沿って、コンテンツを最適化していくことを指します。

例として、ユーザーにとって有益な情報を提供するような良質なコンテンツを作ったり自然なリンクを獲得したりするなどです。

ブラックハットSEOとは

ブラックハットSEOとは、ホワイトハットSEOの真逆で、検索エンジンの検索アルゴリズムの穴をついて無理やり検索順位を上げる手法のことです。

検索アルゴリズムとは、順位決定のルールのことです。この検索アルゴリズムをもとに順位決定を行っています。

例として、他のコンテンツをまねたコピーコンテンツや自作自演のリンクなどがあげられます。

ホワイトハットとブラックハットどちらが良いのか

断然、ホワイトハットSEOです。

一昔前では、SEOといえばブラックハットSEOを指すことが多かったです。しかしながら、検索エンジンも進化し続け、現在もなお日々アップデートが行われています。

そのため、現在ではブラックハットSEOを行っても投資効果は低い状態になっています。

そのうえ、検索エンジン会社は、ユーザーが離れてしまうことを嫌うため、ブラックハットSEOを撲滅すべく自動ペナルティ・手動ペナルティを日々行っています。

ブラックハットSEOを行っているコンテンツがペナルティを受けると、順位が一気に圏外へと飛ばされてしまうのです。

そうならないためにも、ブラックハットSEOは行わないようにしましょう。

まとめ

アフィリエイトを行う上で、SEOは必ず必要になってきます。早い段階で、SEOに力を入れることで集客のできるサイトにいち早く成長させることができます。

ブラックハットSEOではなく、ホワイトハットSEOを行い上位の順位をとれるようにしましょう。

コメント