SEO対策に必須なプラグイン-All In One SEO Pack

スポンサーリンク

SEO対策に必須なプラグイン-All In One SEO Pack

WordPressでは、絶対に入れておかなければいけないといっても過言ではないプラグインがいくつか存在します。

そのうちの一つが「All In One SEO Pack」です。

このプラグインは、SEO対策のためのプラグインです。

このプラグインをインストールし活用することで、大幅な順位アップが望めます。

スポンサーリンク

All In One SEO Packの役割

All In One SEO Packの役割<

では、「All In One SEO Pack」はいったいどのような役割をしてくれるのか?

それは、SEO対策に関するmetaタグの設定を簡単行うことができるようにすることです。

metaタグとは?

metaタグとは、HTMLのタグの一つです。タグは命令をするような役割を持ちます。

そのタグの中でもmetaタグは、ページの情報を定義する役割があります。

具体的には、

  • <meta name=”description” content=””>
  • <meta name=”robots” content=””>

上のように記述します。

他にもたくさんの種類がmetaタグには存在しますが、「All In One SEO Pack」では、主に上の2つの設定を簡単にしてくれます。

それぞれの役割は、

<meta name=”description” content=””>
 ➡ ページの概要を設定します。
<meta name=”robots” content=””>
 ➡ noindex,nofollowといった、検索エンジンのクローラーに対しての指示を設定します。
といった役割を持ちます。

description」は、ページに概要を設定することで順位アップを見込めます。

robots」もうまく利用することで、順位回復や低品質な他サイトに評価を与えないようにすることができます。

noindex,nofollowについては、以下を見てください。

noindexとnofollowの違いと使い方、書き方
SEO対策について勉強している場合に、『noindex』『nofollow』という言葉を聞いたことがあると思います。 ブログやサイトを運営していると、この二つは使うこともあると思います。 今回は、そのnoindexとno...

 

こういった、metaタグはHTMLでページ一つ一つに直接書こうと思うと相当な労力と時間を要してしまいます。

さらに、HTMLのコードを見ないとどのようなmetaタグが設定してあるのかわかりません。

そういった問題を解決してくれるのが「All In One SEO Pack」です。

操作は簡単で、metaタグの管理も非常に見やすくなっています。

All In One SEO Packをインストールする

それでは、実際にWordPressにインストールしていきます。

ダッシュボードから「プラグイン」→「新規追加」を選択してください。

「<strong>プラグイン</strong>」→「<strong>新規追加</strong>」を選択してください

すると「プラグインを追加」という画面が表示されますので、右上にある検索フォームに「All In One SEO Pack」と入力してください。

しばらくすると、

All In One SEO Pack

上の画像の赤枠のプラグインが表示されますので「今すぐインストール」→「有効化」の順に押してください。

しばらく待てば、インストールの完了です。

All In One SEO Packの設定をする

All In One SEO Pack」をインストールすると、ダッシュボードに「All In One SEO」という項目が追加されます。

設定を行うためには、その中の「一般設定」を選択してください。

一般設定を選択してください

表示された画面で設定を行っていきます。

といっても、項目が非常に多いので変更が必要な個所のみ説明していきます。

ホームページ設定

All In One SEO Packのホームページ設定

ホームタイトル」 ➡ サイトのタイトルを入力

ホームディスクリプション」 ➡ サイトの概要を入力

ウェブマスター設定

All In One SEO Packのウェブマスター設定

Googleウェブマスターツール」 ➡ サーチコンソール(旧:ウェブマスターツール)を利用している場合は、発行されるmetaタグを入力します。

metaタグの確認の仕方

サーチコンソールにアクセスしてください。

サーチコンソールログイン後画面

「プロパティ所有者の管理」から「ユーザーを追加/削除」を選択

右のほうにある「プロパティの管理」から「ユーザーを追加/削除」を選択してください。

「プロパティ所有者の管理」を選択してください

右のほうにある「プロパティ所有者の管理」を押してください。

詳細を押してください

メタタグの横にある「詳細」を押すとmetaタグを確認できます。

表示されるmetaタグのcontent=””内の文字列を「All In One SEO Pack」に設定してください。

Google設定

Google設定

GoogleアナリティクスID」 ➡ Googleアナリティクスを使用している場合は、アナリティクスIDを入力

アナリティクスIDの確認方法

Googleアナリティクスにログインしてください。

アナリティクスの左上にある個所を押してください

左上にある上の画像の個所を押してください。

そこにある「UA-xxxxxxxx-x」と記載されているものがアナリティクスIDです。

NoIndex設定

All In One SEO PackのNoIndex設定

タグをnoindexにする」 ➡ チェックを入れる

検索ページにnoindexを使用」 ➡ チェックを入れる

404ページにnoindexを使用」 ➡ チェックを入れる

詳細設定

All In One SEO Packの詳細設定

ディスクリプションを自動生成」 ➡ チェックを入れる

ページ区切り付きページの説明を削除」 ➡ チェックを入れる

 

以上で設定は終了です。

設定を更新」を押して変更を保存してください。

All In One SEO Packの使い方

All In One SEO Pack」の使い方を説明します。

といってもとても簡単で、プラグインをインストールすると記事を作成するページの下部に以下のような項目が増えます。

All In One SEO Packの使い方

  • タイトル」 ➡ 記事のタイトルを入力
  • ディスクリプション」 ➡ 記事の概要を入力
  • Robots メタ NOINDEX」 ➡ 記事にnoindexを設定したい場合チェックを入れる
  • Robots メタ NOFOLLOW」 ➡ 記事にnofollowを設定したい場合チェックを入れる
  • 」 ➡ 記事のSEOを無効にします

以上を設定すればOKです。

あとは、いつも通り記事を作成して投稿するだけです。

 

設定している内容は、記事一覧ページで以下のように確認することができます。

記事一覧

まとめ

All In One SEOPack」は、WordPressのプラグインで必須といっても過言ではないプラグインです。

実際のIT系の現場でも多く利用されています。

最初の設定が少し大変かもしれませんが、それ以降はとても簡単に操作することができます。

ぜひ、利用してみてください。

コメント