過去に戻って投稿できる!?予約投稿の使い方

スポンサーリンク

過去に戻って投稿できる!?予約投稿の使い方

 

WordPressの機能の中には、予約投稿機能があります。

 

記事を先に作成しておき、決められた時間に投稿を行うことができます。

使い方もとても簡単です。

また、使い方次第では「過去の日に投稿」することもできます。

 

スポンサーリンク

予約投稿の仕方

予約投稿の仕方

 

まずは、WordPressのダッシュボードから「投稿」→「新規追加」を選択してください。

いつも通りの投稿編集画面が表示されます。

 

編集

投稿編集画面の右側に「公開」という項目があり、そのなかの「すぐに公開する」のすぐ右側にある「編集」ボタンを選択してください。

 

投稿したい日時

日時を指定することができますので、「投稿したい日時」を入力してください。

入力が完了したら「OK」ボタンを選択してください。

 

公開予定日時

すぐに公開する」だった箇所が「公開予定日時」に変更されればOKです。

 

予約投稿

予約投稿」のボタンを押せば予約完了です。

 

予約投稿の補足いろいろ

予約投稿の補足いろいろ

 

一度予約した日時を変更する

 

一度、予約投稿を行った後に「やっぱり違う日時に投稿したい…」となる場合もあります。

 

ダッシュボードから「投稿」→「投稿一覧」を選択してください。

 

編集

予約投稿の日時を変更したい投稿の「編集」を選択してください。

 

投稿編集画が表示されますので、予約投稿を行った時と同じように操作すれば予約日時を変更することができます。

 

予約を取り消してすぐに公開する

 

一度、「予約投稿」を行ったものを取り消してすぐに公開する方法です。

 

日時変更と同じように操作していき、

キャンセル

ここで「キャンセル」ボタンを押すことで「すぐに公開する」に変更することができます。

 

過去の日時も指定することができる

 

予約投稿では、過去の日時を選択することもできます。

 

その場合は、予約ではなく「指定した日時に投稿した」ことになります。

具体的には、「投稿日が指定した日時になる」「投稿順で表示されるものは順番が変わる」といったように、本当にその日に投稿したように扱われます

 

固定ページも予約投稿ができる

 

固定ページ」も投稿と同じように「予約投稿」を行うことができます。

操作方法は、固定ページの編集画面で同じ操作をするだけです。

 

時間きっかりに投稿することは難しい

 

予約した時間より「やや遅めの」時間に投稿されます。

数分前後のずれは仕方ないと割り切りましょう。

 

サーバーの時間がずれていても大丈夫

 

サーバーに設定されている時間が実際の時間とはずれていても予約投稿は正常に行うことができました。

レンタルサーバーではサーバーの時間がずれることはないと思いますが、自前のWebサーバーを使用している場合も安心して使用してください。

 

ApacheとMySQLが停止していてもOK

 

Apache」と「MySQL」が停止した状態でも、ちゃんと予約した時間に投稿したように登録されていました。

 

まとめ

 

WordPressの機能の予約投稿機能をご紹介しました。

 

投稿と固定ページの両方のページで行える上に操作もとても簡単です。

また、サーバーの時間がずれていたり、サービスが停止していたりしても正常に動作してくれます。

他にも、過去の日時を指定することができたりと意外に便利な点が多いです。

 

投稿時間を操作したいときは、使ってみてください。

コメント