リダイレクト先を変えても変わらない時の対処方法

スポンサーリンク

リダイレクト先を変えても変わらない時の対処方法

 

以前、紹介したWordpPressのプラグイン「Redirection」で少し躓いてしまったのでご紹介します。

その現象は、「Redirection」を利用してリダイレクトを設定した後に、

違うURLにリダイレクトするように設定しても、一部の環境でリダイレクト先が変わらない

というものです。

 

原因は、プラグインではなく「リダイレクトの性質」にありました。

Redirection」を使用していなくても参考になると思いますので、ぜひお読みください。

 

※今回の現象を踏まえて、「Redirection」の利用方法を更新しました。

スポンサーリンク

詳しい現象と事の経緯

詳しい現象と事の経緯

 

一度、リダイレクトを設定した後に、違うURLにリダイレクトすることになりました。

そこで、一度設定したときと同じようにURLを新しいURLに変更してリダイレクトの設定を行いました。

 

設定後、確認したところ自分のパソコンでは問題なく新しいURLへのリダイレクトを確認できていました。

 

しかしながら…

別のパソコンで、リダイレクトの設定が前のままだといわれてしまいました。

 

いろいろ、調べてみましたがリダイレクトの設定は問題なく設定されていました

 

リダイレクト先が変わらない原因と対処方法

リダイレクト先が変わらない原因と対処方法

 

リダイレクト先が変わらない原因

 

リダイレクトの設定は間違いなく変更したのに、リダイレクト先が変わらない…

 

その原因は…

キャッシュのせいです!!

また、お前か…w

 

キャッシュは、ページを表示する速度を向上するのに一役かっていますが、しっかりと理解していないとドツボにはまってしまうことが多々あります。

 

今回のリダイレクト先が変わらない現象は、

変更前のリダイレクト情報(URL)をWebブラウザがキャッシュしていたため

起こってしまったのです。

 

リダイレクト先が変わらない時の対処方法

 

原因がキャッシュだとわかったところであとは簡単、キャッシュを削除すればいいだけ…

と思いきや、「スーパーリロード」をしてみましたが、

結果、変わらず

 

どうやら、ブラウザの設定から直接消さなければいけないとのことです。

 

キャッシュの削除方法については以下を参考にしてみてください。

引用:ブラウザ別キャッシュのクリア方法(デスクトップPC向け)

 

無事、リダイレクト先が変更されました。

 

そもそも、ブラウザにキャッシュさせないためには?

 

今回いろいろと、調べてみましたが自身のブラウザはキャッシュを削除することで解決しましたが、訪問したユーザーが一度リダイレクトを踏んでしまうと対処できなくなってしまいます

その対処方法は、残念ながらなさそうです。(あったら教えてください)

 

そのため、あとからリダイレクトの設定を変える場合は絶対にブラウザがキャッシュをしないよう設定を行わなければいけません。

 

そのためには、302のリダイレクト設定を行います。

今回の現象が起きてしまった場合は、「301」のリダイレクト設定がされています。

 

リダイレクト設定で迷ったら、とりあえず「302」にしておきましょう。

 

※「302」のリダイレクト設定は、「SEO」的に良くないと以前は言われていましたが、最近では気にするようなレベルではありません。

それよりも、リダイレクトが変わらないほうが大問題です。

 

WordPressでリダイレクトを簡単に行う方法

WordPressでリダイレクトを簡単に行う方法

 

リダイレクトは、「.htaccess」というファイルを編集することで設定できますが、初心者には少し敷居が高いです。

ですが、WordpPressでは「Redirection」というプラグインを使用すればとても簡単にリダイレクトの設定を行うことができます。

詳しくは、こちらをご覧ください。

WordPressで他のページに飛ばす(リダイレクトする)方法
ドメインを変更した際に前の記事ページから新しいページに自動で飛ばしたいときや、カスタマイズする際にどうしてもリダイレクトの処理が必要になる時があると思います。 ※特定のページに飛ばす処理を「リダイレクト」といいます。 ...

 

まとめ

 

リダイレクトの設定で迷ったらとりあえず「302」を設定すべし!!

コメント