WordPressの投稿と固定ページって結局どう違うの?

スポンサーリンク

WordPressの投稿と固定ページって結局どう違うの?

 

WordPressでページを作成する際に「投稿」と「固定ページ」の二通りの方法があります。

この二つはいったいどういう違いがあるのか?

また、どのように使い分けていけばよいのかをご紹介します。

 

スポンサーリンク

投稿と固定ページの違い

投稿と固定ページの違い

 

投稿」と「固定ページ」って結局何が違うんでしょうか?

投稿

 

もともと「WordPress」は、無料で使えるブログソフトウェアであり、あくまでブログを作成を目的として作られました。

しかしながら、ITの知識がなくとも誰でも操作が簡単にできるということでCMS(コンテンツマネジメントシステム)としても利用されています。

CMSとは、ウェブコンテンツ(ブログだけでなくサイトなどを含むもの)を構成する画像やテキストを管理するシステムのことです。

 

つまり、「WordPress」はブログを作るものであり、利用性の高さからサイトの制作にも使用されているということになります。

 

そのため、「投稿」というのはブログの記事そのものを作成する際に使用します。

反対に、それ以外は「固定ページ」で作成します。

固定ページ

 

固定ページ」は、先ほど書いた通りブログの記事以外のページを作成する際に使用します。

 

では、記事以外のページとは何でしょうか?

例えば、「自己紹介ページ」、「お問い合わせページ」、「サイトマップ」といったページを作成する際に使用します。

 

なぜ分けるのか?

 

では、なぜ「投稿」と「固定ページ」に分ける必要があるのか?

それは「PHP」が大きく関係しています。

投稿」は「post」、「固定ページ」は「page」と分けられ処理されています。

 

例えば、この部分

 

投稿一覧の画像。

 

よくあるブログの記事一覧ですが、WordPressでは以下のようなPHPで処理をしています。

 

詳しい説明は難しいくなってしまうので省きますが、「post」や「posts」という単語が数回出てきます。

これにより、「投稿」のみを表示することができます。

投稿一覧に「自己紹介」、「運営情報」というページが表示されるのもおかしいです。

 

このように、「投稿」と「固定ページ」で別々の処理を行うことができるため分ける必要があるのです。

固定ページの編集画面説明

固定ページの編集画面説明

 

投稿」の編集画面はよく使うと思いますので、「固定ページ」の編集画面とどう違うのか説明していきます。

カテゴリーの代わりに属性を使う

 

投稿」では、「カテゴリー」を用いて投稿記事がどのような内容であるかを分類します。

それに対し、固定ページ」は「属性」を用いて分類などを行います。

固定ページの属性設定画面。

 

これが「属性」の設定個所です。

」・「テンプレート」・「順序」の三つを設定することができます。

 

」は、「投稿」でいう「カテゴリー」のようなもので分類を行います。

しかし、投稿とは違いは「固定ページ」を選択します。

「自己紹介ページ」の下に「身の上話」といった具合に階層を作ることができます。

テンプレート

 

テンプレート」は、適用しているテーマによっては複数の固定ページのデザインが存在する場合があります。

その際に、どのデザインで作成するかを選択できます。

順序

 

まず、「投稿」は作成した日付の順に並べられますが、「固定ページ」はアルファベット順に並べられます。

その順序を任意に変更することができる設定です。

「0」がアルファベット順、「1」を入力すれば1番目にすることができます。

投稿と固定ページの使い分け

投稿と固定ページの使い分け

 

では、「投稿」と「固定ページ」の使い分けですが、

 

投稿一覧に表示させたいものは「投稿」

そうでないものは「固定ページ」

 

でよいと思います。

まとめ

 

WordPressでページを作成する方法に「投稿」と「固定ページ」の二通りが存在します。

PHPでは、「投稿」は「post」、「固定ページ」は「page」と区別され処理が行われます。

そのため、投稿一覧に表示させたいものは「投稿」、それ以外は「固定ページ」という風に区別して作成すると良いでしょう。

コメント