WordPressで記事を簡単にコピーする方法

スポンサーリンク

 

WordPressを使用している中で

記事のコピーをしたい…

と思っている方もたくさんいると思います。

 

タイトルと本文だけなら単純にコピペをすればいいだけの話かもしれませんが、

カテゴリータグアイキャッチなどはコピペができません。

その上、プラグインを利用している場合ですと、その設定をコピペするのはとても手間がかかってしまいます。

 

今回は、「Duplicate Post」というプラグインを使用して、

WordPressの記事をコピーする方法

をご紹介します。

スポンサーリンク

Duplicate Postで記事をコピーする

 

Duplicate Postのインストール

 

まずは、お使いのWordPressに「Duplicate Post」をインストールしていきます。

 

ダッシュボードから「プラグイン」→「新規追加」を選択してください。

 

右上にある検索フォームに「Duplicate Post」と入力してください。

 

上の画像のプラグインをインストールします。

今すぐインストール」を選択してください。

 

しばらくすると「今すぐインストール」のボタンが「有効化」に変わりますので、そちらも選択してください。

 

少し待てばインストールの完了です!

 

Duplicate Postの使い方

 

Duplicate Post」のインストールが完了したら、さっそく記事のコピーを行ってみましょう。

使い方はとても簡単です。

 

Duplicate Post」をインストールすると、投稿や固定ページ一覧で記事にカーソルを合わせた際に表示されるメニューに

複製」「新規下書き

という項目が追加されます。

 

コピーを行いたい記事に対して、この増えた項目を選択するだけで記事の複製が下書きの状態で作成されます

 

この二つの項目の違いは、

  • 複製 → 単純に下書きとして複製を行う
  • 新規下書き → 下書きとして複製し、そのまま編集が可能

といった違いなので、別段気にするような違いはありません。

 

なんにせよ、これで記事のコピーは完了です!

 

Duplicate Postの設定

 

Duplicate Post」は、インストールしたままの状態でも普通に使用することができますが、お好みで

  • 複製元
  • 権限
  • 表示

の設定を行うことができます。

 

複製元

 

ここでは、コピー元の

コピーを行う項目

を設定することができます。

 

デフォルトでは、

  • タイトル
  • ステータス
  • 抜粋
  • 内容
  • Featured Image(アイキャッチ)
  • テンプレート
  • フォーマット
  • メニューの順序

が選択されています。

 

基本的に、このままで十分だと思います。

使うとすれば「スラッグ」くらいかと思います。

※「スラッグ」…自分で決めるURLの部分のこと

 

カスタムフィールド」なんかは、カテゴリー等で指定ができないのであまり便利とは言えないかもしれません。

 

権限

 

ここでは、

記事のコピーが行えるユーザー

の設定を行うことができます。

 

デフォルトでは、

  • 管理者
  • 編集者

のみがコピーを行うことができます。

 

ここに関しても、別段いじる必要はないでしょう。

投稿者や寄稿者には、コピーできないようにしておくことをお勧めします。

 

また、権限も投稿、固定ページごとといったように個別の設定はできません。

 

表示

 

ここでは、

コピーを行えるリンクを表示する場所

を設定することができます。

 

デフォルトでは、

  • 投稿一覧
  • 編集画面
  • 管理バー
  • 一括操作

すべてに表示されます。

 

ここについては、「投稿一覧のみ」でいいと思います。

管理バーに至っては、使用しているプラグインが多くなると見づらくなってしまうのでないほうがいいでしょう。

 

一覧にあれば十分です。

 

まとめ

 

Duplicate Post」というプラグインを使用して

WordPressの記事をコピーする方法

をご紹介しました。

 

投稿・固定ページといった、個別設定ができないのが少し難点ですが、

とても便利なので使ってみてください。

コメント