PHP初級試験に合格!合格する方法と難易度

PHP初級試験に合格!合格する方法と難易度

どうも、ねこみです。

先日、7/30(日)に「PHP5技術者認定初級試験」を受験し、無事合格することができました。

これは、試験終了時にもらえる試験結果レポートです。(机が非常に汚いですが、ゆるしてw)

PHP5技術者認定初級試験の試験結果レポートの画像。

今回は、その「PHP5技術者認定初級試験」に合格するために行った勉強方法と試験の難易度をご紹介していきます。




PHP5技術者認定初級試験の概要

PHP5技術者認定初級試験の概要

まずは、この「PHP5技術者認定初級試験」について少し説明します。

PHP5技術者認定初級試験について

IT業界では、技術のレベルを判断する基準として、「参加したプロジェクトの内容」、「経験年数」といったものがよく用いられます。

しかしながら、この判断基準はとてもあいまいなもので、証明するものがないため改ざんを行おうと思えば容易にできてしまいます。(というか、非常に多いです。)

そんななかで、資格は認定を行っている機関が基準を設けて、その基準に達したものだけに認定してくれます。

つまり、持っているだけである程度のレベルがあるということが簡単に証明できます。

そんな資格の中で、「PHP5技術者認定初級試験」はPHPの5系の資格です。

近年では、PHPの7系が発表されましたが、まだまだ5系を使用している企業が多いため、資格も5系のものとなっています。

PHPは、Web開発に適しており、プログラミング初学者でも比較的、容易に習得できることで有名です。

また、最近非常にはやっている「WordPress」にも利用されており、需要はとても多いです。

試験概要

問題数

40問

試験時間

60分

合格ライン

70%正解

受験料

12,000円 + 税

PHP5技術者認定初級試験に合格するための勉強方法

PHP5技術者認定初級試験に合格するための勉強方法

では、「PHP5技術者認定初級試験」に行った勉強方法をご紹介します。

といっても、単純でいわゆる黒本と呼ばれている、「徹底攻略 PHP5技術者認定[初級]試験 問題集 [PJ0-100]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)」という本をひたすら覚え続けるだけですw

これを完璧に覚えるだけで大概は合格できると思います。

あくまで、試験時の問題の種類によると思いますが、問題文がそのまま出題されているものも難問か見受けられました。

また、参考書の問題数も170問とIT系の資格にしては比較的少ないほうで覚えやすいです。(Javaなんかは400問くらいあったと思います。)

合格までの勉強時間

だいたい、1ヶ月くらいでした。

本音を言えばもう少し早くとれたと思うのですが、通勤電車の(しかも帰りだけ)なかで30分ほど勉強するというのをだらだら続けていたからです。

プログラミング経験者であれば、1~2週間ほどで取得できると思います。

プログラミング初学者の場合は、1ヶ月はみておいたほうがいいと思います。

PHP5技術者認定初級試験の難易度

この試験は、データベースの操作XMLについての問題など、幅広い知識が問われます。

そのため、プログラミング初学者にとっては少しとっつきにくいところがあります。

しかしながら、一つ一つのボリュームはないので問題の数をこなせば難しい資格ではないです。

合格するためのコツ

個人的なものなので、あくまで参考程度にしてほしいのですが、苦手分野は最悪捨ててもいいと思います。

というのも、この試験は40問の試験ですが、セクション19も存在します。

つまり、一つのセクションあたり数問しか出題されません。

そのため、苦手な分野よりも得意な分野を絶対に間違えないようにしましょう。

セクション一覧 – 2017/8/7時点

  1. オリエンテーションと始めの一歩
  2. テキストと数の操作
  3. 判定と繰り返しについて
  4. 配列の操作
  5. 関数
  6. Webフォームの作成
  7. データベースに情報を保存
  8. クッキーとセッションでユーザーを記憶
  9. 日付と時刻の取り扱い
  10. ファイルの操作
  11. XMLのパースと生成
  12. デバッギング
  13. クラスとオブジェクト
  14. 日本語処理
  15. 正規表現の基本
  16. PHP5.1とPDD
  17. セキュリティ
  18. 出力バッファ
  19. 定数・予約語

まとめ

PHP5技術者認定初級試験」の合格するために行った勉強方法(本を読むだけ)や難易度などをご紹介しました。

先ほども述べた通り、この試験では幅広い知識が問われてきます。

そのため、少し厄介といえば厄介ですが、問題の数をこなせば必ず合格できますし、幅広い知識を問われるため、とてもためになる知識を得ることができます。

もし、資格の取得を考えている人は参考にしてみてください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク