PHP初級の認定証が届いた!認定証が来ない?いつ届くの?

PHP初級の認定証が届いた!認定証が来ない?いつ届くの?

以前、受験したPHP技術者認定初級試験認定証がやっと届きました!

公式には

合格者には受験日から2か月半以内に認定証を発送いたします。

引用:初級試験 | PHP技術者認定機構

と書かれていますが、実際にはどの程度の期間で届いたのか?

2か月半経っても届かない…

安心してください!

忘れたころに届きます!w




PHP技術者認定初級試験とは?

PHP技術者認定初級試験とは?

PHPプログラミングの基本知識を問う試験

です。

初級のほかに、

  • 上級/準上級
  • 認定ウィザード

があります。

準上級」は、上級試験で5割-7割未満取得で認定されます。

認定証はいつ届いたのか?

認定証はいつ届いたのか?

公式には、2か月半以内と書かれていましたが、実際にはもっと経ってから届きました。

資格の試験を受験したのが2017/7/30で、認定証が届いたのが2017/12/09でした。

結果、

4か月半

経って、ようやく手元に届きました…。

はっきり、存在自体を忘れていました。

約2か月ほど遅れての到着です。

第三者用の証明書もない

第三者用の証明書もない

実は、この「PHP技術者認定初級試験」には、「第三者用証明書・第三者用URL」がありません。

私は、特に必要でなかったので問題ありませんでしたが、所属している会社によっては「資格手当」が存在する場合には必要だと思います。

そういった場合、今回届いた「認定証」を提出することになります。

が…、

2か月半以内と公式に書かれていても、それ以上かかってしまう場合がありますので注意しましょう。

できれば、受験時に試験結果レポートがもらえますので、それでどうにかできないか聞いてみましょう。

認定証は2か月半以内で来ない場合がある

 PHP技術者認定初級試験の勉強方法

PHP技術者認定初級試験の勉強方法

PHP技術者認定初級試験」は、PHPの基本的なことしか問われません。

その上、4択問題なので、あるていどプログラミング知識がある方なら1,2週間参考書で勉強すれば受かると思います。

プログラミング知識がない場合でも1か月くらい勉強すれば大丈夫だと思います。

詳しい勉強法については、こちらの記事をご覧ください。

PHP初級試験に合格!合格する方法と難易度
7/30にPHP5技術者認定初級試験の試験を受けてきて無事合格することができたので、合格するために行った勉強方法と試験の難易度をご紹介していきます。

上の記事内でも紹介していますが、

この本をひたすら覚えれば合格はできます。

ただ、問題をひたすら覚えるだけになりますので、実務的には役に立たないでしょう。

(※そもそも、資格自体が実務的に役に立つかは微妙なところですが…)

PHP技術者認定初級試験を取得したら

PHP技術者認定初級試験を取得したら

PHP技術者認定初級試験」を取得した後にやっていくといいことです。

フレームワーク

PHP技術者認定初級試験」を合格しただけでは、WebアプリやWebサイトを作成することはできません。

開発を補助する「フレームワーク」を勉強することで、より簡単にWebアプリやWebサイトを作成することができます。

PHPでは、「CakePHP」や「Laravel」といったものが有名です。

WordPress

当ブログも使用している、「WordPress」はPHPで動いています。

WordPress」を使用することで、簡単にWebサイトを作成することができます。

PHPを理解していなくても、簡単なWebサイトなら作成できますが、PHPを理解することでより複雑なWebサイトを作成することができます。

上級試験

初級」の次はもちろん「上級」ですね。

しかしながら、やはり資格は実務に結び付かないことが多いので、ある程度実力がついてからのほうが良いかと思います。

まとめ

PHP技術者認定初級試験」の「認定証」が届きまいたが、公式に書かれている「2か月半以内」では届きませんでした

実際には、

約4か月半

かかりました。

多少遅れても、心配しなくても大丈夫そうです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク