サーチコンソールでインデックスに登録済みが減り続けるのはなぜ?

スポンサーリンク

サーチコンソールでインデックスに登録済みが減り続けるのはなぜ?

 

サーチコンソールで、サイトマップを送信している場合は、インデックス数を見ることができます。

徐々に増えていったインデックス数に突如異変が!?

順調に増えていたインデックス数が減り続けていました。

今回は、その原因を調べてみました。

とりあえず、決して悪い状態ではないので安心してください。

スポンサーリンク

ことの発端

ことの発端

 

あるとき、何気なくサーチコンソールサイトマップの項目でインデックス数を眺めていた時です。

あれ…?インデックス数が減ってる…?

サーチコンソールのインデックス数の画像。

 

そう、インデックス数がわずかながらでしたが減少していました。

その時は、深く考えることもなく。

まあ、一時的なものだろう

と思っていました。

しかし、何日経とうがインデックス数が元に戻ることはありませんでした。それどころか、永遠と減り続け最終的にはほぼ半分にまで落ち込んでしまいました

さすがに焦って、コンテンツがペナルティをくらいまくっているのでは?

と思いましたが、思い当たる節がない…

検索エンジンのアルゴリズムが大きく変わったのか…

どちらも、違うようなので原因をしらべてみました。

なぜ、インデックス数が減り続けたのか

なぜ、インデックス数が減り続けたのか

 

まず、今記事を読んでいる方は不安になっていると思いますので答えから行きましょう。

安心してください!

その1 正常な値に戻ろうとしている

 

それは、減ったのではなく、正常な値になろうとしています。

それが、どういうことかといいますと今までのが多く表示されていただけなのです。

先ほどのグラフを見てください。

サーチコンソールのインデックス数の画像。

 

少々、見ずらいですが

  • 送信 → 120
  • インデックスに登録済み → 63

となっています。

ここで、当ブログの現在のページ数を見てみましょう。

  • 投稿ページ → 54ページ
  • 固定ページ → 4ページ

合わせて58ページです。

インデックスに登録済みの数字ととても近いですね。

そう!この現象は、存在するページ数に近づいただけで、本来はこの数なのです。

しかしながら、始め方は、サーチコンソールにサイトマップを送信すると送信したサイトマップの数だけインデックス数を表示させようとします。

そうすることで、インデックスに登録済みの数が極端に増えていってしまうのです。

それが、ブログが大きくなっていくにつれ、クローラーの訪問が増えて正常な値に戻っただけです。

なので、心配は無用です!何もしなくてだいじょうぶ!

 

その2 SSL化を行ったため

 

もし、減り始めたころにサイトのSSL化行っていると、検索エンジンはhttpsのアドレスを優先的にインデックスします。

逆に「http」のインデックスはサーチコンソール上では減り続けるように表示されます。

 

https」のほうでもサーチコンソールに登録してサイトマップを送信してみましょう。

注意点

注意点

 

もし、SSL化を行っておらず、サイトのページ数よりインデックスに登録済みの数が減ってしまった場合やサイトマップを1つしか送信していないのに減り続けている

そんな場合は、先ほど挙げた正常値に戻っているとは別の原因が考えられます。

インデックス数が減っていくのには、いろんな要素があります。

  • コンテンツの内容が薄い
  • パクリコンテンツ
  • ブラックハットSEOによるペナルティ

といった原因があげられます。もちろん他にも、要素は多くあります。

ちなみに、ブラックハットSEOとは検索エンジンをだましてサイトの順位を上げるような手法です。

大方が、コンテンツの内容が薄いパクリコンテンツ扱いされているかだと思います。

インデックスされなくなったページを確認してコンテンツの質を高めるようにしましょう。

検索エンジンは、ユーザーにとって有益な情報を求めていますので、それにこたえるようなコンテンツを作成すればおのずとインデックスはされます。

まとめ

始め、サーチコンソール減り続けるインデックス数を見たときは驚いて焦ってしまいました。

一瞬でやる気が消え去ってしまいました。

しかしながら、心配しないでください。必ずしもその状況が悪い状況とは限りません。

正常な数字になろうとしているだけです。

今回のことに限らず、勝手に悪いことが起きていると判断し、やる気をなくさないように気を付けましょう。

コメント