WordPressで画像にリンクを貼る方法

スポンサーリンク

WordPressで画像にリンクを貼る方法

 

よくホームページなどで、画像をクリックすると違うページに飛ばされることってありますよね?

 

HTMLでは、imgタグをaタグで囲むという記述がされているのですが、

WordPressでは、そんなことをせずとも簡単に画像にリンクを貼ることができます

 

しかしながら、新規で画像を追加する際にはわかりやすいのですが、すでに貼ってある画像にリンクを貼ろうとすると若干厄介です

(なんで、そんなユーザーを苦しめる実装の仕方をしているのかは知りませんが…)

 

今回は、

「WordPressで画像にリンクを貼る方法」

  • 新規で画像を追加してリンクを貼るパターン
  • すでに貼ってある画像にリンクを貼るパターン

の2パターンをご紹介します。

スポンサーリンク

WordPressで画像にリンクを貼る方法

WordPressで画像にリンクを貼る方法

 

WordPressで画像にリンクを貼って好きなページに遷移させましょう。

 

新規で画像を追加してリンクを貼るパターン

 

このパターンは、比較的わかりやすいパターンです。

 

投稿や固定ページなどの編集画面で

 

メディアを追加のボタンを選択してください。

メディアを追加」のボタンを選択してください。

 

添付ファイルの表示設定

挿入したい画像を選択すると、右下のほうに「添付ファイルの表示設定」の項目があります。

リンク先」を「カスタムURL」に設定し、「http://」と入力されているところに画像をクリックした際に飛ばしたいページのURLを貼り付けてください。

 

あとは、「投稿に挿入」のボタンを押せばリンク付き画像の完成です。

 

すでに貼ってある画像にリンクを貼るパターン

 

続いては、すでに記事などに画像を挿入していて、あとからその画像にリンクを貼りたいとなった場合です。

この場合は少々わかりづらく、なぜこんなことをしてしまっているのかと疑問がわくレベルです。

 

方法は、

 

記事に挿入してあるリンクを貼りたい画像をクリックしてください。

 

メニュー

すると、上の画像のようなメニューが出てきますので「えんぴつマーク」を選択してください。

 

上級者向け設定をクリックしてください。

画像の詳細画面が表示されますので、「上級者向け設定」をクリックしてください。

 

上級者向け設定

上級者向け設定の中に「リンクrel」という項目があります。

ここに飛ばしたい先のURLを挿入することでリンク付きの画像が作成できます。

 

また、リンク先を別タブで開きたい場合は「リンクを新しいタブで開く」にチェックを入れておきましょう。

同じサイトではなく、外部のサイトのURLを入力した際にチェックを入れて別タブで開かせると良いでしょう。

 

最後に「更新」ボタンを押せば完成です。

 

まとめ

 

リンク先 = リンクrel

 

WordPressで画像にリンクを貼る方法

をご紹介しました。

  • 新規で画像を追加してリンクを貼るパターン
  • すでに貼ってある画像にリンクを貼るパターン

の2パターンをご紹介しましたが、

すでに貼ってある画像にリンクを貼るパターン」のほうについては、上級者向け設定に分類されているうえに、リンク先ではなくリンクrelと表記されていますので注意してください。

コメント