【体験談】無職、保証人なし、緊急連絡先なしで賃貸を借りる方法

スポンサーリンク
【体験談】無職、保証人なし、緊急連絡先なしで賃貸を借りる方法


無職、保証人なし、緊急連絡先なしで賃貸を借りたい

人それぞれには事情があって、時にはそんなお悩みもあることでしょう。
はい、私のことでした。

とある事情で、

・無職
・保証人なし
・緊急連絡先なし

の状態で賃貸を借りようとして、二日くらい立ち往生してしまったので今回はその経験談をもとに無職、保証人なし、緊急連絡先なしで賃貸を借りる方法をご紹介します。

必要なのは、緊急連絡先とお金です。

スポンサーリンク

無職、保証人なし、緊急連絡先なしで賃貸を借りれた

無職、保証人なし、緊急連絡先なしで賃貸を借りれた


結論から述べますと、無職、保証人なし、緊急連絡先なしで賃貸を借りれました
一番厄介なのが、緊急連絡先でした。

緊急連絡先を確保する


まず、大前提としてほとんどの不動産会社が緊急連絡先なしの状態だと無理だと突っぱねられます。

というのも、緊急連絡先は何かあった時はもちろんのこと必要なので、賃貸の管理会社を通す際に必要です。
また、保証人なしの場合は保証会社(信販会社)の審査の際に必ず必要になってきます。

そのため、緊急連絡先は最低限必要になってきます。
そのうえ、友人などの親族でない人を緊急連絡先としておけないこともしばしば。
仮に置けたとしても、保証会社や管理会社の審査で落ちてしまう可能性が高いです。

では、どうしたのか?

世の中って便利なものです。
緊急連絡先の代行をしてくれる会社が存在します。
私はそこを利用しました。

緊急連絡先の代行とは?


名前の通り、緊急連絡先の代行を行ってくれます。
わかりやすくいうと、なりすましです。
代行会社の社員につながる電話番号をもらって、その人に親族のふりをしてもらいます。
なので、賃貸契約の際に書くのは実際の親族の情報と偽の電話番号になります。

悪く聞こえますし、実際世間的にそんなにいいものではないのでしょうが、こちとらホームレス生活目前にしててそんな世間体とかどうでもいいことにかまっていられません。

緊急連絡先の代行を頼むときの流れですが、

・代行会社に連絡して賃貸用の緊急連絡先の代行をお願いしたいことを伝える
・いつ頃、賃貸の契約を行うのかを話す
・料金の説明を受ける
・ショートメールで振込口座が送られてくる
・振り込む
・再度連絡し、振り込んだことを伝える
・ショートメールで緊急連絡先の電話番号が送られてくる
・だれに成りすますかなどの設定を決める
・賃貸の契約!

以上が私の時の流れでした。
もちろん頼む代行会社によっては多少流れは変わってきます。

ショートメールで振込口座が送られてきたときは、「詐欺か…?」と思いましたが、余裕もなかったのでお金をドブに捨てる気持ちで振り込みました。
結果的に全然詐欺ではなかったので安心してください

緊急連絡先の代行はばれないのか?


ばれますし、ばれません

というのも、代行会社によって変わってくるそうです。
私が利用したのは一社のみなのですが、不動産会社と代行会社にいろいろと聞いてみました。

不動産会社に
緊急連絡先の代行会社ってあるじゃないですか?あれだと無理ですかね…?
と馬鹿正直に聞いたところ

ばれますね…たぶん、審査で落ちちゃいます

とのことでした。
正直、おわった…と思いましたが、あきらめずに緊急連絡先の代行会社に問い合わせました。

不動産会社に緊急連絡先の代行会社使うとばれるって聞いたんですけど、どうなんでしょう…?

その答えは

うちは大丈夫ですよー
というのも、ばれるケースとしては電話番号を使いまわしてる場合ですね
うちは毎回違った番号を発行するので大丈夫です

「まじっすか…」

実際にばれませんでした。
利用する緊急連絡先の代行会社は慎重に選んだほうがよさそうです。

利用した緊急連絡先の代行会社


私が利用した緊急連絡先の代行会社は、アローズです。
https://www.a-4141.com/

対応も丁寧でスピードも速いです。
振込した際に、振込日が2日後にもかかわらず、急いでるということで即日対応してくださいました。
また、無事賃貸契約できたことを伝えるととても喜んでくださってとても印象よかったです。

緊急連絡先の代行会社を利用する際の注意


代行会社によりますが、私の利用したアローズの場合は電話番号の有効期間は契約時のみです。
家賃の滞納や賃貸に何かあった時に借主本人に連絡が取れないと緊急連絡さきに連絡がいってしまいます。
そこは注意が必要です。

保証人なしの場合は現金が必要、通帳の記帳を直前に


保証人なしの場合は、現金が必要です。
正確には、現金の入った口座の通帳が必要になります。

というのも保証会社の審査の際に、お金をもってるかどうか確認されます。
その際に、通帳の預金残高のコピーを不動産会社がとります。

具体的な金額を不動産会社に聞いたのですが、保証会社によるとのことでした。
私の場合は、70万ほど入れていました。
おそらく、一人暮らしの家賃4,5万の賃貸であれば、50万程度あればいいのではないしょうでうか。
初期費用+数か月分くらいですかね。

また、通帳の記帳は直近でしておく必要があります

保証人なし+無職の場合は賃貸をあまり選べない


保証人なしの場合は、保証会社を介すことになりますのでどうしても自由に賃貸を選ぶことができません

私の場合は、希望の駅の周辺だと2件だけでした。
それでも割といい物件だったので助かりました。

また、不動産会社によっては保証人なしで無職の場合は断られるところもあります。
せめて、内定通知書のコピーをくれって言われました。
こればっかりは仕方ないので、いろんな不動産会社を訪ねてみるしかないです。

緊急連絡先とお金の問題が解決できれば楽勝


緊急連絡先とお金さえ何とかすれば、あとは普通の賃貸契約を行うだけです。
私の場合、保証会社の審査も管理会社の審査も即日で通りました。

結局のところお金さえ用意すれば、無職、保証人なし、緊急連絡先なしで賃貸を借りることは可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました