Excelで作成したグラフを画像として保存する方法3選

スポンサーリンク

Excelで作成したグラフを画像として保存する方法3選

 

ブログやサイトを運営していると、グラフを使うことが結構あると思います。

 

グラフといえば、Excelを使う場合が多いと思いますが、最近のバージョンのExcelではグラフを画像として保存することが簡単にはできません

 

以前のバージョンまでは、以下の方法を使用することでできたみたいです。

Excel for Windows でグラフを図として保存する

 

しかし、最後のほうに出てくる

「画像を右クリックして >画像として保存します。」

の部分ができません。

右クリックしても保存するようなメニューは出てきません。

 

ですので、今回はExcelで作成したグラフを画像に変換する方法をご紹介します。

グラフだけでなく、Excelに貼り付けられてた画像も個別に保存できます。

スポンサーリンク

グラフの準備

 

まずは、画像にしたいグラフを準備しましょう。

今回は、下のようなグラフを用意しました。

画像として保存するグラフの画像

※こちらは、まだ画像にする前ですのでご注意してください。

 

画像で保存することで、以下のようにグラフを挿入できるようになります。

画像として保存したグラフの画像

セルの線もなくきれいに挿入することができます。

 

Excelのグラフを画像として保存する方法

Excelのグラフを画像として保存する方法

 

それでは、実際にグラフを画像として保存していきましょう。

 

スクリーンショットをとる

 

こちらの方法は、あまりお勧めしませんがグラフ以外にも使えるものですので紹介しておきます。

お使いのパソコンがWindowsの場合に限ります。(古いWindowsだと不可)

Windowsにはデフォルトで、Snipping Toolというとても便利なソフトが入っています。

 

スタート画面にSnipping Toolと入力すると、

Snipping Toolのアイコン

このような、はさみのアイコンのソフトが出てきます。

 

このソフトを起動すると以下のようなウィンドウが出てきます。

Snipping Toolの画面

メニューから『新規作成』をクリックすると画面が白くなりますので、あとはスクリーンショットを取りたい範囲をドラッグ&ドロップで指定すれば大丈夫です。

 

マウスを離すと、切り取られた画像が出てきますので、あとは保存すればいいだけです。

 

意外と、Windowsを使っている方でもこのソフトの存在を知らない人は多く、特にブログを運営する場合にはとても重宝するツールです。

 

全体のスクリーンショットを取ってからペイントソフト等で編集することもできますがこちらのほうが断然楽で使いやすいです。

 

モード」で以下の切り取り方法を変更することができます。

  • 自由形式
  • 四角形
  • ウィンドウ
  • 全画面

 

グラフを画像にするには、少々使いずらいですがとても良いソフトなので使用してみてください。

 

Excelのグラフをコピーしてペイントソフトに貼り付ける

 

次は、Excelのグラフ「ペイントソフト」に貼り付けて画像にする方法です。今回紹介する方法の中で、画像にしたいグラフの数が少ないときのおすすめの方法です。

 

もし、画像にしたいものがたくさんある場合は、この方法は少し大変ですのでこの次の方法でやるとよいです。

 

ペイントソフトに貼り付ける方法はとても簡単です。

 

1.まずは、画像にしたいグラフを『Ctrl + C』または、右クリックでコピーをしてください。

2.ペイントソフトを開いてください。(Windowsであればペイントで十分です)

3.『Ctrl + V』などでコピーしたグラフを貼り付けます。

 

ペイントの場合は以下のようになります。

ペイントソフトにペーストしてください

このままでは、余分な余白が写ってしまいます。

 

4.『トリミング』ボタンを押して余分な余白を削除する

ペーストしたグラフをトリミングしてください

トリミング』のボタンを押すと上のように簡単に余分な余白を削除することができます。

 

5.保存

あとは、保存するだけで大丈夫です。

 

Excelファイルを圧縮して解凍する

 

この方法は、ちょっと無理やり行うやり方なのでExcelファイルのバックアップは必ず取りましょう。

 

1.画像にしたいグラフを『Ctrl + C』または、右クリックからコピーする

2.同Excelファイルに画像として貼り付ける

 

画像として貼り付ける場合は、『Ctrl + Alt + V』または、右クリックから以下の場所を選択してください。

グラフを画像として貼り付ける方法を説明する画像

 

3.画像にしたいグラフがあるExcelファイルを名前を付けて保存する

4.保存したExcelファイルの名前の最後に『.zip』と追加する

 

~.zipというファイルは、圧縮されたファイルの拡張子です。ファイルの拡張子を無理やり変えるので、元のExcelデータが壊れてしまう場合があります。

Excelファイルの画像

上のようなファイル名の場合は、『てすと.xlsx.zip』というようにします。

 

ファイル名変更の際に出る注意画面の画像

変更する際に、このような注意が表示される場合がありますが、『はい』を選択してください。

 

ファイル名変更後の画像

このように、名前の変更ができればOKです。

 

5.圧縮したExcelファイルを解凍する

 

次は、先ほど圧縮したファイルをすぐに解凍します。

お使いの解凍ソフトもしくは右クリックから『すべて展開』を選択して、ファイルを解凍してください。

すると、Excelファイルではなくディレクトリが出来上がります。

 

出来上がったディレクトリの

xl → media

のなかに画像が格納されています。

 

この方法を使用すれば、画像にしたいものが複数あっても一括で画像にして保存することができます。

 

まとめ

 

グラフといえばExcelですが、最近のExcelではグラフを画像として簡単に保存することができません。

しかしながら、グラフはブログやサイトを運営する際に必要になってくることが多々あると思います。

 

今回は、そんなときのためにExcelのグラフを画像として保存する方法を3つ紹介しました。

3つともとても簡単ですし、グラフだけでなくExcelに貼り付けられた画像も個別に保存することができますので試してみてください。

コメント