Google Chrome68でSSL化していないサイトは「保護されていません」と表示される

スポンサーリンク

 

先日、2018年7月24日に「Google Chrome」のアップデートが実施されました。

バージョンが「68」になり、大きく変わったことがあります。

それは…

SSL化を行っていないHTTPのサイトのアドレスバーに

保護されていません

直接表示されるようになりました。

スポンサーリンク

どのように変わったのか?

 

Google Chromeのバージョンが68以前の時は、

SSL化を行っていないHTTPのサイトのアドレスバーには以下のように表示されていました。

 

バージョン68以前

 

このように「インフォメーションマーク」が表示されるだけで、

インフォメーションマークをクリックすると

 

 

このサイトへの接続は保護されていません

と表示される仕組みでした。

 

それに比べて、バージョンが68になってからは

 

バージョン68

 

このように

保護されていません

直接アドレスバーに表示されるようになりました。

 

インフォメーションマークをクリックしたときに表示されるものは変更ありません。

 

アドレスバーに直接「保護されていません」と表示されるように

 

サイトへの影響

 

保護されていません」と表示されることによるサイトへの影響ですが、

  • ユーザーの不安をあおる
  • SEOにさらに影響が出ると思われる

があげられます。

 

ユーザーの不安をあおる

 

今までは、アドレスバーに直接保護されていない旨が表示されておらず、

インフォメーションマークをクリックすることで、保護されていなことを確認できました。

 

しかしながら、アドレスバーに直接表示されるようになることで、

今まで気にしていなかったユーザーが気にし始める

ようになります。

 

つまりは、サイトを開いただけで「保護されていません」という文字が目に入り、

このサイトはまずいんじゃないだろうか?

という思考になってしまいます。

 

そうなってしまうと、せっかくサイトへ訪問してくれたユーザーが即座に帰ってしまうことになります。

 

SEOにさらに影響が出ると思われる

 

以前から、SSL化がされていないサイトに関してはSEO的に不利だといわれていました。

そんななか、今回はさらにSSL化を推奨するのアップデートになっています。

そのため、どれくらいの差が出るかは定かではありませんが、今まで以上にSSL化がされていないHTTPサイトは順位が下がっていくと考えたほうが良いでしょう。

 

ロリポップ!で簡単にSSL化

 

当サイトは、レンタルサーバーに「ロリポップ!」を使用しています。

ロリポップ!では、SSL化を無料かつ簡単に行うことができます。

 

詳しくは、以下の記事で紹介してますので見てみてください。

ロリポップでSSLが無料で使えるようになりました!!
なんと! 私がこのブログを運営する際に使用しているレンタルサーバの『ロリポップ』でSSLが無料で使用できるようになりました! 以前から、ロリポップのSSL認証は月2000円~と結構なお高めの値段で、そのた...

 

 

WordPressでの常時SSL化の方法はこちら

WordPressで簡単に常時SSL化する方法
今回は、WordPressで簡単に「常時SSL化」する方法をご紹介します。 詳しい人が「常時SSL化」と聞けば「.htaccess」書き換えればいいんでしょ? っていう考えに至ると思います。 しかし...

 



まとめ

 

まだサイトをSSL化していない場合は、すぐにSSL化しましょう!!

 

コメント