Fetch as Googleでインデックスを早める方法

スポンサーリンク

Fetch as Googleでインデックスを早める方法

 

インデックスを早める方法はいくつかありますが、今回は「Fetch as Google」を利用して早める方法をご紹介します。

Fetch as Google」は、「Search Console」の機能の一つですので事前にSearch Consoleに登録してある必要があります。

Search Console」の登録の仕方は作成中です…

 

Fetch as Google」を使うことで、とても簡単にインデックスを早めることができます。

スポンサーリンク

インデックスとは?

インデックスとは?

 

インデックス」は検索エンジンのDB(データーベース)にサイトページの情報が登録されることです。

 

詳しくは、こちらをご覧ください。

簡単に理解できる検索エンジンの仕組み
ブログで集客を図るためには、SEO対策が必要になってきます。 しかしながら、SEO対策を実施する前に、そもそも検索エンジンの仕組みを理解することで、より検索エンジンに評価してもらえるようなブログを作成することができます。 ...

Fetch as Googleでインデックスを早める方法

Fetch as Googleでインデックスを早める方法

 

それでは、実際に「Fetch as Google」でインデックスを早める方法を紹介します。

 

まずは、「Search Console」にアクセスしてください。

サーチコンソール(旧:ウェブマスターツール)

 

サーチコンソールホーム画面の画像。

アクセスすると登録してあるサイトの一覧が表示されます。(※事前に登録する必要があります。

この中からインデックスを早めたいサイトを選択してください。

 

Fetch as Googleでリクエストを送信するサイト。

今回は、こちらの「https://nekomiblog.com/」で試していきます。

 

サーチコンソールダッシュボードの画像。

サイトを選択すると上の画像のように「ダッシュボード」が表示されます。

 

ダッシュボードのメニューバーの画像。

ダッシュボード画面の左側に「メニューバー」があります。

メニューの中から「クロール」→「Fetch as Google」を選択してください。

 

Fetch as Googleページ。

上のような画面になりますので、赤枠にインデックスを早めたいURLを入力します。

 

例えば、「https://nekomiblog.com/fetch/」というページのインデックスを早めたい場合は、赤枠内に「fetch/」と入力します。

独自ドメイン部分の「https://nekomiblog.com/」は入力は不要です。

最後の「/(スラッシュ)」は必要なので注意してください。

 

取得ボタンをクリックしてください。

入力が完了したら「取得」ボタンをクリックしてください。

 

パス一覧に入力したURLが表示されます。

取得をクリックすると「パス」の一覧に入力したURLが表示されます。

ステータス」の項目が「完了」になっていれば正常にURLが取得できています。

もし、「一時的にアクセスできません」、「リダイレクトされました」と表示された場合は、URLが間違っている場合があります。

URLが間違っていないのに「一時的にアクセスできません」になった場合は再度試してみてください。(何回もやらないと正常に取得できない時があります。)

 

正常に取得できたら「インデックス登録をリクエスト」をクリックしてください。

 

二か所にチェックを入れてください。

私はロボットではありません」にチェックをいれ、「このURLのみをクロールする」にチェックを入れてください。

このURLと直接リンクをクロールする」を選択した場合は、入力したURLに直接リンクがあるページもインデックス登録のリクエストを行います。

 

ちなみに、インデックス登録のリクエストには回数制限があり、

  • このURLのみをクロールする」 → 月500回
  • このURLと直接リンクをクロールする」 → 月10回

まで行うことができます。

 

二か所にチェックを入れたら「送信」をクリックしてください。

 

ンデックス登録をリクエスト済みになっています。

インデックス登録をリクエスト済み」に変化していれば完了です。

 

まとめ

 

Search Console」の機能の一つである「Fetch as Google」は、インデックス登録のリクエストを送信することができ、ページのインデックスを早めることができます。

Search Console」に登録する必要はありますが、一度登録すると簡単にリクエストを送信することができますので、ぜひ使ってみてください。

コメント