WordPressでサイトのファビコンを設定しよう

スポンサーリンク

WordPressでサイトのファビコンを設定しよう

WordPressでサイトのファビコンを設定する方法を説明します。

ファビコンはサイトにはなくてはならい存在なので、必ず設定するようにしましょう。このファビコンはWordPressでは、サイトアイコンと表示されていますが同じものなので注意しましょう。

スポンサーリンク

ファビコン(サイトアイコン)とは

ファビコン(サイトアイコン)とは

では、ファビコンとはそもそも何なのか?

サイトアイコンと聞くと「ああ~、あれね!」とわかるかもしれませんが、誰でも一度は見たことがあると思います。

検索エンジンでサイトを表示させたときに上のほうに表示される画像のことです。詳しくは下の画像を見てください。

ファビコン付きのタブ画像

見たことありますよね?赤枠のこれがファビコンです。ちなみに、画像全体のものをタブといいます。

このファビコンは、とても小さなものですがサイトにとってはとても重要なものです。ChromeやIE(インターネットエクスプローラー)などの検索エンジンで多くのページを開くと上部にタブが非常多くなり、どのタブがどのページかわからなくなってしまいます。

そうした場合に、ファビコンがあることで一目でサイトの判別ができるようになります。サイトの顔といってもいいでしょう。

もし、設定を行っていないと以下の画像のようなタブになってしまいます。

ファビコンなしのタブ画像

これじゃあ、どんなサイトか一目ではわかりません。必ず設定するようにしましょう。

画像を用意する

まずは、ファビコン用の画像を用意しましょう。

サイトを代表するものですので、サイトのロゴを編集したものなどを使うとよいでしょう。画像のサイズは、縦横512ピクセル以上正方形のものを用意しましょう。

一応、512ピクセル以下であっても正方形であれば勝手にリサイズしてくれますが、画質が悪くなったりするため、512ピクセル以上のものを用意したほうが無難でしょう。

WordPressでファビコンを設定しましょう

画像が用意できたら、さっそくファビコンの設定をしていきましょう。といってもとても簡単ですのでご安心ください。

まずは、WordPressのダッシュボードから『外観』、『カスタマイズ』を選択してください。

WordPressのダッシュボードからカスタマイズを選択

すると、サイトをカスタマイズすることのできる画面に移動することができます。ここでは、使用しているテーマによって違いがありますが、サイトのヘッダーや色などいろんなことをカスタマイズすることができます。

カスタマイズのメニューから『サイト基本情報』を選択してください。

WordPressカスタマイズ画面

サイト基本情報では、サイトのタイトル・キャッチフレーズ・サイトアイコンが設定できます。このサイトアイコンで画像を設定することで、ファビコンができます。

サイト基本情報の画像

サイトアイコンの『画像を選択』を押すとライブラリが開きますので、ファビコンに設定したい画像をドラッグ&ドロップで追加した後に『選択』押してください。

上記の画像の箇所で画像をドラッグ&ドロップしても設定することはできませんので注意してください。

設定が完了すると以下のような画像になります。

ファビコン設定後のサイト基本情報の画像

あとは、ファビコンのイメージが表示されるので、確認して『保存して公開』を押せば設定完了です。

設定が完了したら左上の『×』ボタンを押せば勝手に更新されますので確認してみてください。もし更新されない場合はF5キーを押してページの更新を行ってください。

まとめ

ファビコンは、検索エンジンを使用した際に表示されるタブの画像です。タブは複数表示されることが多いので、一目見てページの区別がつくように必ず設定しましょう。

ファビコンはサイトの顔です。あなたらしい画像を設定してあなたの色を出しましょう。

WordPressでは、とても簡単に設定することができますのでちょちょいと設定しておきましょう。

コメント