EWWW Image Optimizerで画像を圧縮する方法

スポンサーリンク

EWWW Image Optimizerで画像を圧縮する方法

WordPressでサイトの運営をしていると、とにかくたくさんの画像をサーバーに保管することになります。

そうなるとサーバーの動きが重くなってしまい、WEBページの表示が遅くなってしまいます。WEBページの表示が遅くなってしまうと、ユーザーの直離脱につながってしまうので、少しでもサーバーを軽くするために画像を圧縮しましょう。

画像を圧縮するには【EWWW Image Optimizer】というプラグインをするととても簡単にできます。

スポンサーリンク

EWWW Image Optimizerをインストールしよう

では、【EWWW Image Optimizer】をご自身のWordPressにインストールしていきます。インストールは他のプラグインと同じで、ダッシュボードから【プラグイン】の【新規追加】を選択します。

すると、右上に検索フォームがありますのでそこに【EWWW Image Optimizer】と入力すると一番初めに出てきますので、【今すぐインストール】を押してください。

EWWW Image Optimizerをインストールする方法を説明する画像

インストールが終了すると、【今すぐインストール】のボタンが【有効化】に変わるので押してください。

これで、WordPressにEWWW Image Optimizerがインストールされました。

画像を圧縮しよう

EWWW Image Optimizerのインストールが終わったら、さっそくすでに上げている画像の圧縮をしていきます。

ちなみに、プラグインを入れた後にアップロードした画像は、自動で圧縮をしてくれますので、この作業はインストールした後の一回のみで大丈夫です。

インストールが完了するとダッシュボードの【メディア】のタグに【一括最適化】という項目が増えますので、そちらを押してください。

一括最適化の場所を説明する画像

押すと以下のような画面に変わります。

一括最適化の画像

変わったら、赤枠で囲ってある【最適化されていない画像をスキャンする】のボタンを押してください。

最適化されていない画像をスキャンするボタンの説明

スキャンが終了すると、ボタンが【最適化を開始】に変わりますので、押してください。そうすると、最適化が始まりますので少し待っていると完了します。

たったこれだけで、すでにアップロードしてあった画像の圧縮(最適化)は完了です。

EWWW Image Optimizerの設定を変更しよう

EWWW Image Optimizerの設定を変更するためには、ダッシュボードの【設定】に【EWWW Image Optimizer】という項目が増えていますのでそこを押してください。

すると、以下のような設定画面に移動します。

EWWW Image Optimizer設定画面

4つのタブから設定をお好みに変更していただいて、【変更を保存】を押していただければ大丈夫です。

よくわからないという場合は、デフォルトの設定で問題ないのでそのままにしておきましょう。

ちなみに、無料版では圧縮方式は【無圧縮】と【ロスレス圧縮】の二種類しか選択できません。

無圧縮】とは、その名前の通り圧縮を行わない設定です。デフォルトでは、PDFファイルのみが無圧縮となっています。

ロスレス圧縮】とは、簡単に説明すると圧縮するファイルを圧縮した後でも元に戻すことができる方式のことです。【可逆圧縮】とも言います。

この、【ロスレス圧縮】で十分ですので無償版で大丈夫です。もし、他の圧縮方式が良いという場合はAPIキーの購入をしましょう。

他にも、元の画像のバックアップを取るためにはAPIキーが必要になりますので気をつけましょう。無償版を使用する場合は、画像はローカルでバックアップを取っておきましょう。

まとめ

EWWW Image Optimizer】を使用することで、とても簡単に画像の圧縮(最適化)を行うことができます。

インストールをして、すでにアップロードされている画像の圧縮をするだけで、後は画像を上げるたびに自動で圧縮を行ってくれます。

サーバーを身軽にして、ユーザーの離脱を防ぐためにも試してみてください。

コメント