【コピペ】WordPressでカスタム投稿タイプを作成する方法

スポンサーリンク

【コピペ】WordPressでカスタム投稿タイプを作成する方法

 

WordPressには、便利な機能に

カスタム投稿タイプ

というものが存在します。

 

この機能があることによって、WordPressを使用したことがないユーザでも直感的にホームページの更新やメンテナンスを行うことができます。

 

さらには、投稿する記事の種類によってテンプレート化することができるため、より簡単に記事の作成を行うことができます。

 

ただ、カスタム投稿タイプを利用するためには

functions.php

にコードを書かなければいけませんので、初心者にとっては少々わかりづらいです。

 

そこで、

今回は「コピペ」をするだけでカスタム投稿タイプを簡単に作成することができるコードを紹介します。

スポンサーリンク

カスタム投稿タイプってなに?

カスタム投稿タイプってなに?

 

冒頭でも少し紹介しましたが、

カスタム投稿タイプ

について、どこが便利なのかをもう少しご紹介していきます。

 

そんなもん知ってるからコードだけよこせ!」という方はこちら(ページ内リンクです)から飛んでください。

カスタム投稿タイプ-コード

 

カスタム投稿タイプとは?

 

では、いったい

カスタム投稿タイプ

とは何なのでしょう。

 

一言でいえば…

特定のカテゴリーの投稿をより簡単に行うことができるもの

です。

 

カスタム投稿タイプを作成するとダッシュボードに

カスタム投稿タイプ

上の画像のように、デフォルトにはない項目が表示されます。

単語集に関係する記事はここに書けばいいんだな

というのが一目でわかります。

 

これだけでは、少しわかりづらいかもしれませんが例えば、

 

あるカテゴリーの投稿には、

  • 最下部に動画を挿入する
  • ランキングを表示する
  • 特定の画像を挿入する

といった特定のデザインが存在するとします。

 

そういった特定のデザインを含んだテンプレートをあらかじめ作成しておき、新しく記事を作成するときには、動画のURLを貼り付けるだけで作成できるようにすることができます。

 

WordPressでは、カスタムフィールドという便利な機能が存在します。

カスタム投稿タイプにカスタムフィールドを盛り込むことで記事の作成を格段にスピードアップすることが可能になります。

 

カスタムフィールドとはなにか?

Coming soon…

 

メリット

 

メリットとしては、

記事作成のスピードアップ

記事の管理

直感的操作が可能

があげられます。

 

記事作成のスピードアップに関しては、最初のテンプレート作成に少し時間がかかってしまいますが一度作ってしまえばあとはラクチンです。

 

記事の管理に関しては、記事の区分が一目でわかりますし、いざデザインを変更したいとなった時にテンプレートを変更すればすべての記事に反映することができます。

 

デメリット

 

デメリットとしては、

初心者にとっては少々難しい

です。

 

というのも、カスタム投稿タイプを作成することはいたって簡単ですが、作成した後に「カスタムフィールド」を使用していじったり、記事を一覧で表示させたりといったことを行うには、簡単とはいえPHP、WordPressの知識が少なくとも必要になります。

 

コピペで使えるカスタム投稿タイプのコード

コピペで使えるカスタム投稿タイプのコード

 

以下のコードをコピーしてfunctions.phpの最下部に貼り付けてください。

※投稿タイプ名、ダッシュボードに表示する投稿タイプ名、表示する位置は好きなように編集してください

 

 

まとめ

 

カスタム投稿タイプ + カスタムフィールド 超便利

コメント