カスタム投稿タイプのアーカイブページを作成する方法

スポンサーリンク

 

以前、

WordPressでカスタム投稿タイプを作成する方法

をご紹介しました。

その時の記事はこちらです。

【コピペ】WordPressでカスタム投稿タイプを作成する方法
WordPressには、便利な機能に 「カスタム投稿タイプ」 というものが存在します。 この機能があることによって、WordPressを使用したことがないユーザでも直感的にホームページの更新やメンテ...

 

今回は、そのカスタム投稿タイプのアーカイブページを作成する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

アーカイブページとは

 

アーカイブページ」とはいったい何なのか。

簡単に説明すると、投稿の一覧のことを意味します。

 

そもそも、パソコン用語の「アーカイブ」は記録などを長期間安全に保存しておくことを指しますが、WordPressでは書庫的な意味合いのほうがしっくりときます。

投稿をしっかりと分類ごとにすみわけして保存しておきます。

 

WordPressをインストールして使い始めたばかりに、トップページが投稿の一覧になっていますが、実はそれもれっきとしたアーカイブページです。

WordPressは投稿のアーカイブページがブログのトップページになっているのです。

 

カスタム投稿タイプのアーカイブページを作成する方法

 

それでは、実際にカスタム投稿タイプのアーカイブページを作成する方法をご紹介します。

 

  • プラグインで作成する方法
  • function.phpに直接書く方法

の二通りをご紹介します。

 

PHPが苦手…という方の場合は「プラグインで作成する方法」を

PHPは少しできるし余計なプラグインは入れたくない!という方の場合は「function.phpに直接書く方法」を

参考にしてみてください。

 

プラグインで作成する方法

 

簡単にカスタイム投稿タイプのアーカイブページを作成することができるプラグイン

Custom Post Type UI

を利用していきます。

 

プラグインをインストールする

まずは、Custom Post Type UIをWordPressにインストールしましょう。

 

ダッシュボードから「プラグイン」→「新規追加」を選択。

 

右上の検索フォームに「Custom Post Type UI」と入力。

 

上の画像のプラグインの「今すぐインストール」を選択。

しばらくするとボタンが「有効化」に変化しますので、そちらも選択。

少し待てばインストール完了です。

 

カスタム投稿タイプの設定をする

 

インストールが完了すると、ダッシュボードに「CPT UI」という項目が追加されますので「投稿タイプの追加と編集」を選択。

 

新規でカスタム投稿タイプを作る場合は、

  • 投稿タイプスラッグ
  • 複数形のラベル
  • 単数形のラベル

に好きなものを入れます。

 

すでにfunctions.phpでカスタム投稿タイプを作成している場合は、functions.phpに記入している内容と同じものを入力しましょう。

 

入力が完了したら「投稿タイプを追加」を選択してください。

 

次に、タブから「投稿タイプを編集」を選択し、左上の「選択」に先ほど追加したカスタム投稿タイプを設定します。

 

下のほうに「アーカイブあり」という項目があるので、それを「True」に変更して「投稿タイプを保存」を選択してください。

 

アーカイブページをつくる

 

最後に「アーカイブページ」を作成します。

 

使用しているテーマフォルダの中にある「archive.php」をコピーして、名前を

archive-カスタム投稿タイプのスラッグ名.php

に変更して、archive.phpと同じ場所に配置しましょう。

もし、archive.phpが存在しない場合はindex.phpをコピーしましょう。

 

今回の例の場合は、「archive-test.php」になります。

これで、アーカイブページの完成です!

 

あとは、

http://ドメイン/スラッグ名

にアクセスすればアーカイブページが見れます。

 

function.phpに直接書く方法

 

プラグインを使用せずに、直接「functions.php」に記述してアーカイブページを作成していきます。

 

カスタム投稿タイプを作る

 

アーカイブページのまえに、まずはカスタム投稿タイプを作成する必要があります。

カスタム投稿タイプの作成の仕方は、以下の記事を参考にしてください。

【コピペ】WordPressでカスタム投稿タイプを作成する方法
WordPressには、便利な機能に 「カスタム投稿タイプ」 というものが存在します。 この機能があることによって、WordPressを使用したことがないユーザでも直感的にホームページの更新やメンテ...

 

カスタム投稿タイプのアーカイブページ作成を許可する

 

カスタム投稿タイプを作成する際に、「register_post_type」関数を利用しました。

 

しかしながら、この関数のパラメータの一つである

has_archive

がデフォルトでfalseになっており、このままではアーカイブページを作成することができません。

 

そこでhas_archiveを以下のように、trueに変更しましょう。

 

これで、アーカイブページを作成することが可能になります。

 

アーカイブページをつくる

 

あとは、プラグインを使用するときと同じです。

 

使用しているテーマフォルダの中にある「archive.php」をコピーして、名前を

archive-カスタム投稿タイプのスラッグ名.php

に変更して、archive.phpと同じ場所に配置しましょう。

もし、archive.phpが存在しない場合はindex.phpをコピーしましょう。

 

http://ドメイン/スラッグ名

にアクセスすればアーカイブページが見れます。

 

ちょっとした豆知識

 

アーカイブページにAll In One SEO Packが設定できない

 

プラグインの使用で、アーカイブページにはSEOタグの設定を行うことができません

もし、アーカイブページにSEOタグの設定を行いたい場合は以下の記事を参考してください。

All in One SEO Packでアーカイブページにディスクリプションを入れようとして詰まった話
WordPressでサイトを運営している場合に必ずといってもいいほど利用されているプラグイン 『All in One SEO Pack』 ですが、 「アーカイブページ」にディスクリプションなどのmetaタグ...

 

まとめ

 

カスタム投稿タイプを作成したら「アーカイブページ」を作ってみましょう。

分類ごとに記事をすみわけすることで、サイトの管理がとても楽になります。

コメント