contact Form 7で問い合わせフォームを作る方法

contact Form 7で問い合わせフォームを作る方法

今回は、ブログ・サイトに問い合わせを作ってい行きます。

問い合わせフォームを自作しようとすると、HTMLとCSSのほかにPHPなどのプログラミング言語が必要になってきます。

しかし、問い合わせフォームを作るためだけにプログラミング言語を覚えるのは少し時間がかかりすぎます。(気になる方は勉強してみてください!楽しいですよw)

ですので、今回はWordPressのプラグイン『contact Form 7』を使って簡単に問合せフォームを作っていきます。




contact Form 7をインストールする

まずは、他のプラグインと同様に、WordPressのダッシュボードから『プラグイン』→『新規追加』を選択してください。

『プラグインを追加』の画面になりますので右上の検索フォームに『contact Form 7』と入力すると、一番始めに富士山のアイキャッチで『contact Form 7』が出てきます。(※2017年6月4日時点)

contact Form 7の検索結果画像

『今すぐインストール』のボタンを押し、インストールが完了したら、『有効化』のボタンを押してください。

これで、『contact Form 7』のインストールは完了になります。

contact Form 7の設定をしよう

インストールが完了したら、次は設定をしていきます。

contact Form 7』をインストールし、有効化にするとWordPressのダッシュボードのメニューに『お問い合せ』という項目ができます。

それを押すと、現在作成している問い合わせフォーム一覧が表示されます。

問い合わせフォーム一覧の画像

上の画像のように、開くとデフォルトで『コンタクトフォーム1』という問い合わせフォームが既に作成されていますので、そちらを使っていきます。

画像の赤枠、『コンタクトフォーム1』を押すと問い合わせフォームの編集画面に行きます。

しかし、編集といっても最初からほぼ完成していますので、変更するところはメールアドレスだけになります。

メールアドレスはWordPressのメールアドレスに紐づいたものをデフォルトとして設定されています。

しかし、独自ドメインを取って、サーバーをレンタルした方は、

info@独自ドメイン

というアドレスをもらえます。

サイトなどでは、宛先アドレスを明記する場合などがありますので個人用のアドレスは使わないようにしたほうがいいでしょう。

メールアドレスの設定方法は、『コンタクトフォーム1』の編集画面の『メール』タブから設定します。

contact Form 7の設定画面の画像

送信先』という項目に独自ドメインのアドレスを入力すれば完了です。

他にも、メール送信した際にページに表示させるメッセージなど、いろいろいじれますので時間があればいじってみてください。

デフォルトでも十分、高機能なのでいじらなくても大丈夫です。

編集が終わったら、下部に『保存』ボタンがありますので押してください。

保存したら、上部に戻ってください。

ショートコードをコピーする画像

すると、なにやらショートコードをコピーして貼り付けろと書いてあるのでコピーしましょう。

問い合わせの設置

問い合わせの設置

では、設定が終わりましたのでブログにお問い合わせを設置していきます。

といってもとても簡単です。

まず、WordPressのダッシュボードから『固定ページ』→『新規追加』を押してください。

お問い合わせの固定ページ新規追加する説明をする画像

ページのタイトルに、お問い合わせ、CONTACTなど好みに設定し、本文に先ほどコピーしたショートコードを貼り付けて公開するだけです。

これで、問い合わせページができ、そこに問い合わせフォームができています。

試しにテストメールなどを送信して届くことを確認できれば完了となります。

まとめ

ブログを運営していくうえで、お問い合わせは必須になってきます。

読者を獲得していくには、読者とのコミュニケーションが大事です。

自分で一から問い合わせフォームを作ろうとするととても大変で、挫折する人も多いと思います。

ただ、それじゃもったいないので『contact Form 7』でさくっと作成してしまいましょう。

読者とよりよいコミュニケーションが取れるよう作ってみてください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク