パーマリンクを考えるのがめんどくさいときのつけ方

パーマリンクを考えるのがめんどくさいときのつけ方

記事を作成するたびに考えなければいけないのが「パーマリンク(URL)」ですよね。

環境によっては日本語ではつけることができない。

正直言って考えるのがめんどくさい…

そんなときに簡単にできるパーマリンクのつけ方をご紹介します。




パーマリンクとは?

パーマリンクとは?

つけ方を説明する前に、軽く「パーマリンク」について説明します。

一言でいえば「コンテンツごとに割り振られたURL」のことです。

特に、WordPressでよく用いられる言葉です。

パーマリンク編集画面の画像。

WordPressでは、タイトルのすぐ下で編集を行うことができます。

プログラマーの味方「codic」

プログラマーの味方「codic」

パーマリンク」を考える際にとっても便利なサイトがあります。

それが、こちらの「codic」というサイトです。

codicトップ画面の画像。

「プログラマーのためのネーミング辞書|codic」

このサイトはプログラマーのためのネーミング辞書サイトです。

プログラマーはプログラミングを行う際に様々な名前をアルファベットで考えなければいけません。

しかも、一目でわかりやすいように意味のある単語でネーミングを行います。

そのため、「パーマリンク」を考える際にも同じようにして利用することができます。

パーマリンクをつける際に重要なのは、「一目で内容がわかるパーマリンク」が重要です。

つまり、プログラミングのネーミングもパーマリンクのネーミングも意図は同じです。

codicの使い方

codicの使い方

では、実際に「codic」を使っていきましょう。

といっても、使い方はとても簡単!codicトップ画面の画像。

先ほどのリンクからサイトに行くと上記のような画面が表示されますので、画面中央付近にある「使ってみる」のボタンをクリックしてください。

codicネーミング画面の画像。

すると、このような画面が表示されます。

あとは、ここに日本語を入力していくだけです!

例えば、

単語一つの場合。

このように、「パーマリンク」と左側に入力すると、右側に「permalink」というように英単語が出てきます。

他にも、

複数の単語の場合。

複数の単語をスペースで区切って入力すると「_(アンダーバー)」で区切られて表示されます。

文章の場合。

文章にも対応をしています。

こちらも英単語ごとに「_(アンダーバー)」で区切られて表示されます。

また、codicには会員登録を行う機能がありますが、ネーミングの機能は登録しなくても行うことができます。

パーマリンクのつけ方

あとは、「codic」で表示された英単語をパーマリンクにつければいいだけですね!

しかしながら、まるごとコピーを行うわけではありません。

というのも、パーマリンクは通例として「_(アンダーバー)」ではなく、「-(ハイフン)」を用いります。

とくに、そのままでも問題はありませんが気になる方はハイフンに置き換えてからパーマリンクに設定してください。

そのほかの使い方

パーマリンク」だけでなく、HTMLの「id・classをつける際にも有効です。

どちらかといえばこちらが正しい使い方かもしれませんが。

HTMLの「id・class」は、考えるのが本当に面倒ですのでとてもおすすめです。

まとめ

いざ、記事を投稿使用として考えなければいけないのが「パーマリンク」です。

パーマリンクは、一目見ただけで記事の内容がある程度予測できるようにつけることが好ましいですが、なかなか思いつきません。

そんなときは、「codic」というサイトを利用して悩むことなくパーマリンクをつけましょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク