WordPressで子テーマの作り方と作る理由

スポンサーリンク

WordPressで子テーマの作り方と作る理由

WordPressを使い始めたばかりの場合は、デフォルトで適用されているテーマであったり、検索を行ってテーマを探し適用す場合が多いと思います。

しかしながら、そのままのテーマを適用し続けると困ったことが起きる場合があります。

そこで、子テーマと言われるテーマのコピーのようなものを作成してそちらを適用するようにしましょう。

今回は、子テーマの作り方と、なぜ子テーマが必要なのかをご紹介します。

スポンサーリンク

子テーマとは?

子テーマとは?

まずは、子テーマとは何なのか?

ちなみに、もともとの配布されているテーマのことを親テーマと呼びます。

親テーマを継承することで、見た目や機能が親テーマと同じようなテーマのことを子テーマといいます。

なぜ見た目が同じページを作成するのか?

では、なぜわざわざ親テーマと同じような見た目・機能の子テーマを作成する必要があるのか?

その理由は、親テーマの更新にあります。

プラグインは、しょっちゅう更新を行うことがありますが、テーマにも更新は行われています。それは、セキュリティ的な改善であったり、ビジュアル・機能の追加であったりといろいろですが、テーマも更新されます。

その、テーマの更新の際に、親テーマを利用していてテーマの更新をかけてしまうと大変なことが起きてしまいます。

テーマの更新は、ファイルを上書きしてしまうのです。

その結果、独自に編集を加えていた場合に編集箇所がリセットされてしまいます。

例えば、もともとのテーマが全体的に白っぽいから、ダーク系の色に編集したいとstyle.cssにCSSを編集していた場合に、更新を行うと元のビジュアルに戻ってしまいます。

その他のPHPファイルなども同様です。

そういったことが起こらないように、子テーマを利用します。

子テーマは、親テーマと別のファイルなので、親テーマを更新したことろで影響はありません

ですので、子テーマを作成・適用し、テーマの編集は子テーマで行います

子テーマの作り方

子テーマの作り方

では、さっそく子テーマを作成してみましょう。

子テーマを作成するためにはFTPの技術が必要になってきます。FTPがわからないという方は、こちらをご覧ください。

FTPとは?ロリポップでの使い方
今回は、『FTP』の使用方法についてご紹介していきます。 FTPについては、後ほどご紹介しますがWordPressでブログ・サイトを運営していくうえで必要になってくるものです。 WordPressでなくとも、バックアップ...

事前準備として、親テーマをサイトにインストールしておいてください。

子テーマ用のフォルダとファイルを作る

FTPソフトでサーバに接続する

まずは、FTPソフトもしくは、レンタルサーバのサービスでFTPサービスがある場合はそちらを利用してサーバに接続します。

基本的に『/』配下にいると思いますので、子テーマを適用したいサイトのフォルダに移動してください。

次に、テーマが保存されているフォルダに移動します。

サイト名 → wp-content → themes

の保存されていますので、そちらに移動してください。

themes配下に移動する

私は、simplicity2を利用していますので、そちらを例にしてご説明します。

まずは、新規のフォルダを作成し、『親テーマ名-child』といったフォルダ名にしておきましょう。(わかりやすいようにです。)

次に、作成したフォルダに移動して

  • function.php
  • style.css

という名前のファイルを作成します。

この二つのファイルは必ず必要になってきます。

functon.phpの記述

次に、作成した『function.php』に記述する内容をご説明します。

作成したfunction.phpをテキストエディタで開いて以下を貼り付けてください。

こちらのコードはPHPのコードですが、これを記述することで親テーマを継承することができます。

以前は、同じような動作をするCSSをstyle.cssに記述するのが主流でしたが、現在ではこちらが進められています。

ファイルに貼り付けた保存してください。

style.cssの記述

次に、『style.css』の記述です。

以下のコードを参考に記述してください。

Templete』は親テーマのテーマ名を入力してください。

Theme Name』はWordPressのテーマを選択する画面に表示される名前ですので、何でも構いませんがわかりやすい名前を付けましょう。

simplicity2だと、以下のようになります。

記述が完了したら保存してください。

これで、最低限の子テーマの作成は終了です。

子テーマを適用する

では、作成した子テーマを適用していきます。

WordPressのダッシュボードを開いてください。

メニューから『外観』→『テーマ』を選択します。

ダッシュボードから外観→テーマを選択する

すると、WordPressにインストールされているテーマ一覧が出てきます。

インストールされているテーマ一覧

そちらに、作成した『親テーマ child』という名前のテーマが表示されていれば、子テーマの作成は成功しています。

あとは、作成した子テーマにカーソルを合わせ表示された『有効化』を押せば完了です。

子テーマのデザインなどを編集する

ヘッダー・フッダー・サイドバーなどを編集したい場合

ヘッダー・フッダー・サイドバーなどを編集したい場合は、function.phpやstyle.cssとは少し違った方法で編集します。

まずは、FTPソフト等を利用して親テーマのフォルダから編集したファイルをコピーして子テーマのフォルダに貼り付けます。

貼りつけたファイルを編集していけばOKです。

CSSでデザインを編集する

CSSでデザインを編集する場合は、子テーマのフォルダ内に作成した『style.css』に追記していけばOKです。

まとめ

WordPressでテーマを利用する際は、親テーマ(配布されているテーマ)ではなく、子テーマを作成して適用します。

子テーマを作成しないと、テーマの更新があった際に編集したデザインすべて失われてしまいます。

そうならないためにも、必ず子テーマを作成するようにしましょう。

コメント