ブックオフは宝の山!アフィリエイトのネタは本を読め!

ブックオフは宝の山!アフィリエイトのネタは本を読め!

こんにちは、ねこみです。

今さら、アフィリエイトを始めて稼ぐことができるのかという検証を始めて、はや2週間以上が経過しました。

記事を投稿できない、しない日もちょいちょいありましたが、なんとか続けることができてます。

で、今回はアフィリエイトの勉強をするために本を買おう!!ということで、近所の【ブックオフ】に行ったお話です。

アフィリエイトするならブックオフ!!w




アフィリエイトに本は必要?

アフィリエイトに本は必要?

私は、絶対に必要だと思います。

アフィリエイトの勉強もそうなんですが、ネタ探しのためにも絶対本は読んだほうがいいと思います。

よく、記事を書くためにインターネットでネタを探そうとすると思うのですが、それ自体はとてもいいことだと思います。
しかし、ながらインターネットに乗っていることだけで記事を書こうとしても、内容の薄い、リライトしただけの記事になってしまいがちです。

他者のサイトの記事内容などをパクって作成したページはグーグルにペナルティを受けてしまい、検索順位がとてつもなく悪くなってしまいます。

そうならないためには、ユーザーにとって有益な情報を伝えるような記事を書かないといけません。ただのリライトでは、ダメなのです。

そこで、登場するのがです!!

意外と本を読まないと得られない知識というのはたくさんあります。それこそインターネットで探すのはとても大変な情報もたくさん得ることができます。

その本で得た知識を自分の感じたことや知識を交えてリライトすることでとても良質なコンテンツが出来上がると思います。

※あくまでもリライトでまるコピは絶対ダメですよ!!

良質なコンテンツさえ生み出すことができれば、ずっとずっとグーグルからいい評価を受けることができるのです。

ブックオフは宝の山

ブックオフは宝の山

本を読むことはアフィリエイトでとても大切だという話をしました。

では、さっそく本の調達をしましょうか…ブックオフで!!

新品ではだめなのか?

なぜブックオフなのか、なぜ新品ではだめなのか。

理由は、新品より安いからという点もあるのですが、正直そこまで定価と変わらないです。
特に、専門書だとかの知識が詰まったものはほとんど定価と値段は変わらず、だいたい200~500円くらい値引きした価格が多いと思います。

では、なぜ新品ではだめなのか?200~500円しか変わらないのなら、奇麗だし新品でいいじゃないかと思うことでしょう。

一理あります、しかしそこまで欲しくない本だとしたら?

新品なんて絶対買わないですよね?

中古本だと、安いし少し小汚いから別に買ってみてもいいかなってなることがあります。新品ってそんなに高くなくても高いと思うし、奇麗ゆえに手を出しにくいってことがあると思います。

新品は、ほんとに欲しいものしか買わない!!

だから、絶対ではないけどまあ、欲しいという本があったらブックオフ行ってみてください。『まあ、買ってもいいか』ってなりますからw

特化ブログなら好き嫌いはだめ

ここの好き嫌いは本の話です。

先ほど、新品は本当に欲しいものしか買わないという話をしましたが、特化ブログでアフリエイトをしようと考えている人は、それではだめです。

いかに、他のサイトに差をつけることができるかが、鍵です。

SEO対策として、とにかく文字数を大量に書いておけばという対策がありますが、これからはそんな手は通用しなくなってくると思います。

グーグルの信念は、ユーザーに有益な情報を伝えることです。

つまり、文字数が多くとも少なくともユーザーにとって有益な情報であれば、グーグルは優良なコンテンツとみてくれるのです。

逆に言えば、他にはない有益な情報を伝えなければならない。

だから、好き嫌いなく幅広く、ニッチな知識もつけなければいけません。大変な作業かもしれませんが、それができれば長年愛されるサイトになることは間違いないです。

そう考えるとブックオフは、まさに宝の山なのです。

まとめ

本を読むというのは、読書が好きな人以外はとてつもなく大変な作業だと思います。私もそんなに好きじゃないです。

しかし、他者のサイトに勝るには差をつけなければいけません。その方法が知識量だけとは思いませんが、方法の一つです。

新品を買うのはよっぽど欲しくないと遠回しにしがちですし、そのうち忘れて買わないのがオチです。

だったら、ブックオフに立ち寄って衝動買いしたほうがいいです。

いろんな知識を身に着けて、ユーザーに有益な情報を提供できるコンテンツを作りましょう

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク