UpdraftPlusでWordPressのバックアップ・復元の仕方

スポンサーリンク

UpdraftPlusでWordPressのバックアップとろう

WordPressのバックアップはしっかりととっているでしょうか?
もし、まだとっていないという方はすぐにバックアップを取ることをお勧めします。
今回は、簡単にWordPressのバックアップが取れるプラグイン『UpdraftPlus』を解説します。

スポンサーリンク

WordPressにこそバックアップは必要

悩むシマウマの画像

基本的に、何かしらのデータを保持するものに対してはバックアップを取っている方が多いと思います。
例えば、スマホ・パソコンなどですね。
しかし、スマホ・パソコンのデータってそうそう壊れるものでもないので、あまり気にしていない方も多いのではないでしょうか。

その感覚でWordPressを続けているといつか痛い目を見るかもしれません!!

というのも、WordPressは便利なプラグインが多いためあれも欲しい!!これも欲しい!!と欲張って入れていると、プラグインが競合してしまって重大なエラーを吐いてしまいます。

サイトを開いてみたら画面が真っ白で何も映らない、何やら英語の意味不明なメッセージが出てきたなどが起こりやすいです。

WordPressはPHPで動いてますので、英語のメッセージというのは、PHPのエラーメッセージなのですが、はっきり素人が読んでわかるようなものではありません。
場合によっては、その道のプロでも頭を抱えるレベルのものもあります。

というか、自分で直そうとするとPHPのファイルをいじらないといけないので、素人は絶対に自分で直そうとしないでください

バックアッププラグイン『UpdraftPlus』

では、自分で直さないのならばどうすればよいのか…
プロに頼む?お金かかるし、そんなコネはない!!

そんなあなたにお勧めプラグイン!!

UpdraftPlus

WordPressのバックアッププラグインで有名なのは、『BackWPUp』が有名だと思います。
では、なぜ『UpdraftPlus』なのかというと、復元がとても簡単にできるからです。

『BackWPUp』は復元機能がなく、復元するためにはわざわざバックアップファイルをFTPソフトを使ってサーバーに上げる必要があります。
しかし、『UpdraftPlus』ならボタン一つで復元ができてしまいます。

どうせ使うなら簡単なほうがいいですよね。

『UpdraftPlus』でバックアップをとろう

芝生に小さな白い家の画像

WordPressにUpdraftPlusをいれよう

まずは、他のプラグインと同様に『UpdraftPlus』を入れていきます。

ダッシュボードからプラグイン、新規追加を選択してください。
すると、プラグイン追加画面になるので右上の検索フォームに『UpdraftPlus』と入れると一番初めに出てくるので、『今すぐインストール』を押してください。

WordPressにUpdraftPlusを入れる方法を説明する画像

インストールが完了したらボタンが『有効化』に変わるので、それを押せば完了です。

実際にバックアップをとろう

インストールと有効化が完了したので、実際にバックアップを取ってみます。
といっても取り方はとても簡単です。

UpdraftPlusを有効化するとダッシュボードの上部のメニューバーに『UpdraftPlus』という項目ができていると思います。
そこにカーソルを合わせ、ドロップダウンメニューより『現在の状態/今すぐバックアップ』を選択してください。

UpdraftPlusの管理画面の画像

すると、以下のような画面になりますので、『今すぐバックアップ』のボタンを押すだけで勝手にバックアップを取ってくれます。

UpdraftPlusでバックアップを取る方法を説明する画像

これだけで終了です。
バックアップファイル一覧は『バックアップ済み』タブを開けば見ることができます。

復元してみよう

復元の方法もとても簡単で、先ほどのバックアップを取った画面の『復元』ボタンを押すと『バックアップ済み』タブが開かれます。

UpdraftPlusで復元する方法を説明する画像

あとはここの『復元』ボタンを押すだけです。
BackWPUpを使うのが馬鹿らしくなるほど簡単ですね。

まとめ

WordPressはプラグインが豊富でユーザーにとってとても扱いやすいものです。
しかしながら、そのプラグインのせいでせっかく頑張って作ってきたサイトやブログが一瞬にしてなくなってしまうこともあります。
そんなことにならないためにも、UpdraftPlusのようなバックアッププラグインを入れ、こまめにバックアップを取りましょう。
新しいプラグインを入れるときはバックアップを取るのをお勧めします。

特に、キャッシュ系のプラグインは競合などで悪さを起こしやすいので、必ず取ってください。

コメント