Googleアドセンス審査の申請の仕方、一次審査廃止版

スポンサーリンク

Googleアドセンス審査の申請の仕方、一次審査廃止版

アフィリエイトのやり方、Googleアドセンス審査申請編です。

審査の申請自体はとても簡単なので、安心してください。しかしながら、始めたばかりでは審査に通ることができませんのでご注意ください。

スポンサーリンク

Googleアドセンスとは

Googleアドセンスとは

審査の申請方法を紹介する前に、Googleアドセンスについてご紹介します。

アドセンスは、クリック課金型の広告です。クリック課金型とは、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)の商品が購入されたり、資料請求されたりと成果が発生した時点で報酬がもらえる成果報酬型と異なり、ユーザーがクリックしただけで報酬が発生する広告のことです。

クリック課金型の広告は、成果報酬型に比べて報酬が簡単にもらえるため、単価が安めになっています。クリック課金型の広告だけでまとまった金額を稼ごうと思うと相当な集客が必要になってきます。

決して、稼げないというわけではないですが、あくまで補助的な役割で使うとよいでしょう。

Googleアドセンスの審査

成果報酬型の広告は、ASPに登録することで広告を出すことができます。なかには、ASPに登録する際に審査がある場合がありますが、とても簡単に審査に通ることができます。

それに対して、アドセンスはしっかりとした審査が存在して、ASPに比べると審査には非常に通りづらいです。ここ最近、さらに審査が厳しくなっている傾向にあります。

不十分なコンテンツでGoogleアドセンス審査に落ちた話
つい先日、このアフィリエイトブログを始めてはや一か月が経過しました。当初の目標にしていた、一日一記事は達成できませんでしたが、現在の時点で28記事(この記事を含め29記事)となかなか健闘した結果となりました。 そこで、30記事...

ですので、ブログを始めたばかりの方はアドセンスの申請はせずに、まずはブログの記事の更新をするようにしましょう。

審査の前準備

前準備として、アドセンスの申請にはGoogleアカウントが必要になりますので、登録しておくようにしましょう。

Googleアドセンス審査の申請の仕方

Googleアドセンス審査の申請の仕方

それでは、実際にアドセンス審査の申請の仕方を説明します。

まず、以前まで1次審査、2次審査といわれていた審査方法は廃止され、2次審査といわれていた審査のみが行われるようになりました。

実際には、2次審査のみが行われているというより、審査を統合しユーザー目線では2次審査のみが行われているようになっているのだと思われます。

ともあれ、2段階の審査が1段階になったので審査の申請方法は簡単になっています。

 

Googleアドセンスのアカウント作成

まずは、Googleアドセンスのページへ移動してください。

すると以下のような画像のページに行きます。

Googleアドセンスのトップページ画像

移動したら、画像中央付近の『お申込みはこちら』のボタンを押してください。

ボタンを押すとGoogleアカウントの選択画面になりますので、Googleアドセンスに使用するアカウントを選択してください。

Googleアカウント選択画面

使用するアカウントを選択すると上のような画面に切り替わります。

一番上の赤く塗りつぶされているところは、名前メールアドレスが表示されますので間違いがないか確認しましょう。

次に、審査を行うサイトのURLを入力します。審査用のサイトを別で使う場合はそちらを入力しましょう。

メールの受信設定はお好みで選択してください。

最後に国の設定を行います。

設定が完了したら、下のほうにスクロールしますと以下のような画面が出てきます。

利用規約確認画像

利用規約をお読みの上、内容に同意するチェックボックスにチェックを入れて、『アカウントを作成』押してください。

するとアカウントが作成され、Googleアドセンスのホーム画面に移動します。

確認コードの発行と承認

支払い先住所の詳細画面の画像

アドセンスのホーム画面に移動すると、上記のような『支払い先住所の詳細』が表示されます。名前・メールアドレス・住所を確認して送信』ボタンを押してください。住所が違ったり、入力されていない場合はペンマークを押して設定を行ってください。

電話番号設定画像

次は、電話番号を登録します。こちらは、国番号が付いた番号になりますのでご注意ください。

例) 090-xxxx-xxxxの場合 → +81 90-xxxx-xxxx

上のように、日本の国番号の『+81』に頭の0を抜いた番号を付けたものです。国番号は、国によって違います。

次の作業で、電話番号による認証が必要になりますので、必ず間違っていないか確認するようにしてください。

今回は、SMSによる承認を行いますので、携帯電話・スマートフォンの番号を入力してください。固定電話の場合は、『通話』による承認を選択してください。

電話番号の入力ができたら、『ショートメッセージサービス(SMS)』をチェックし、『確認コードを取得』を押してください。

しばらくすると、確認コードが送信されてきます。それを以下の個所に入力してください。

※確認コードが送信されてくるまで時間がかかる場合があります。

確認コードを入力してください

入力したら、『送信』を押してください。

サイトの<head>内にコードを貼り付ける

審査用コード確認画像

なにやら、コードが書いてある画面が映し出されますので、『コードをコピー』を選択してください。

サイトの<head>内に貼り付けてから『完了』ボタンを押さないといけませんので注意してください。

コードをコピーしたら、サイトの<head>内に貼り付けていきます。このページはまだ使用しますので閉じないようにしましょう。

今回は、WordPressでの貼り付け方法を説明します。HTMLなどの静的ページの場合は、</head>直前に貼り付ければ大丈夫です。

WordPressの場合、まずはダッシュボードにログインしてください。

ダッシュボードから『外観』、『テーマの編集』を選択してください。

テーマの編集ページに移動します。

WordPressテーマ編集画面の画像

右側の『テンプレート』の中から『テーマヘッダー(header.php)』を選択してください。選択し、出てきたコードの中から『</head>』を探してください。

見つけたら、その直前に先ほどコピーしたコードを貼り付けて、『ファイルを更新』を押してください。

特に、<head>タグ内であれば貼り付ける場所は決まっていないのですが、<head>タグ内には、文字コードの指定などが含まれるため、念のため</head>直前に貼り付けます。

貼り付け終えたら、先ほどのGoogleアドセンスのページに戻ってください。

審査用コード確認画像でサイトにコードを貼り付けましたにチェック

サイトにコードを貼り付けました』のチェックボックスにチェックを入れ『完了』ボタンを押せば審査の申請は完了です。

審査の結果について

審査の結果は、2日~3日かかる場合がありますが、場合によってはかなり早かったり、遅かったりとバラバラのようです。

結果は、登録したメールアドレス宛に届きますので確認するようにしましょう。

まとめ

Googleアドセンス審査の申請方法をご紹介しました。

以前までは、2段階の審査方法だったので、申請も結果待ちも2度行わなければいけませんでしたが、いずれも1度ののみでとても簡単になっています。

とはいえ、審査自体は厳しくなってきていますので、十分にサイトのコンテンツを作成してから申請をするようにしましょう。

 

コメント